ランドクルーザー(TOYOTA)DPF洗浄

今回はランドクルザーのDPF洗浄をご依頼いただきました。もともとDPFが付いている車種ではなかったそうですが、排ガス規制のため、DPFを後付けし10年使用したそうです。
その後、点検のため確認すると、セラミックフィルターにたくさんの凝固した炭化物がこびりついていた為、洗浄依頼をいただきました。

早速ご依頼されたランドクルーザーのDPFを確認していきます。
landcruiser-02.jpg
landcruiser-06.jpg
今回はパイプ部分が取り外し可能という事だったので、取り外し後と取り外し前の写真があります。
landcruiser-45.jpg
それではランドクルーザーDPFの洗浄を行っていきます。
まずは水洗いです。これでつまり具合を確認していきます。
landcruiser-11.jpg
landcruiser-12.jpg
こちらはパイプを取り外していただいたランドクルーザーDPFの洗浄になります。
landcruiser-33.jpg
landcruiser-34.jpg
続けて、洗浄液でランドクルーザーDPFの洗浄を行います。
landcruiser-13.jpg
茶色い泡が出ていますので、オイルアッシュが溶け出たものと推測されます。
landcruiser-16.jpg
パイプ部分を取り外したランドクルーザーDPFでは反対側からの洗浄をさせて頂きました。
landcruiser-47.jpg
仕上げにランドクルーザーDPFを水洗いしていきます。
landcruiser-22.jpg
内部から出てくる水が透明になるまで丁寧に水洗いをしていきます。
landcruiser-26.jpg
洗浄が完了したランドクルーザーDPFになります。
landcruiser-32.jpg
landcruiser-41.jpg

今すぐ、ランドクルーザーDPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ランドクルーザーDPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA) 強制燃焼、PM燃焼できない DPF再生

今回は、ハイエース(HIACE)200系 2型ディーゼル トヨタ(TOYOTA)のDPF(DPR)洗浄をご依頼いただきました。
自動によるPM燃焼や強制燃焼を繰り返しているうちに、燃焼が出来なくなってしまい、洗浄による機能回復は見込めますか?
というご相談でした。
やはり繰り返し行ってしまうと、フィルター内部に炭化物いわゆるススが溜まってしまいます。そのうち粒子状物質もフィルター内で集まりだし、DPF再生、燃焼できなくなったり、最悪の場合セラミックフィルターが燃焼時の熱に耐えきれず溶けてしまうことすらあります。

ご依頼のハイエースDPF。
2017-0613-01.jpg
予想通りススがたくさんこびりついていました。
2017-0613-03.jpg
2017-0613-05.jpg
流水によってDPF内の詰まりを確認して行きます。
2017-0613-06.jpg
無事に水が流れ出た為、洗浄による回復が期待できそうです。
2017-0613-07.jpg
続いて洗浄液に浸し、エアーを送り込みバブリングでDPF詰まりの解消を図ります。
2017-0613-12.jpg
上手くエアーが抜けてきました。それに伴いDPF内部の炭化物を筆頭とする粒子状物質が流れ出ました。

最後に仕上げの水洗いです。
2017-0614-2.jpg
詰まりが解消された為、水の通りがよくなっています。
2017-0614-3.jpg
この水が透明になったら洗浄完了です。
2017-0614-4.jpg
2017-0614-8.jpg
洗浄完了になります。今回は燃焼できないという事でセラミックフィルターが破損している可能性などもありましたが無事に洗浄で機能回復を確認できました。
2017-0616-1.jpg
2017-0616-3.jpg
2017-0616-6.jpg
センサー類は通常取りはずしをお願いしています。外せない場合は発送前にご確認ください。


今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA)  DPF不具合解消 警告灯点灯の為

今回はハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA)のDPF洗浄をご依頼いただきました。

DPFは短距離走行の方が排気ガスの温度が上昇せず、粒子状物質が焼き切れずフィルターで多く捕集してしまいます。こうなると、手動再生によってDPF再生させますが、この作業をしすぎてしまうと、限界となり警告灯が点滅し、エンジンが吹けないなどのトラブルに繋がります。

今回もそういった経緯でご依頼いただきました。
ご依頼品のハイエースDPF(DPR)になります。
2017-0605-02 (1).jpg
2017-0605-03 (1).jpg
2017-0605-07 (1).jpg
フィルターへとつながるパイプ部分にもすでにススが付いているため、DPF内部は相当汚れていることが予想されます。
2017-0605-08 (1).jpg
水洗いを行い目詰まりを確認していきます。
2017-0605-09 (1).jpg
2017-0605-11 (1).jpg
透明な水が出てきたのですが、ひっくり返すと
2017-0605-12 (1).jpg
炭化物などの粒子状物質が流れ出ました。どうやら目詰まりしたフィルターに阻まれほとんどが内部に残っていたままのようです。
2017-0605-13 (1).jpg
洗浄槽に浸け洗浄していきます。
2017-0605-15 (1).jpg
今回は目詰まりが酷いようで、エアーを注入しても上がってこないようです。
時間をかけてDPFを洗浄することでエアーと共に詰まりの原因となっていた粒子物質が外部へ流れ出ました。
2017-0606-04.jpg
充分にDPFを洗浄液にて洗浄したところで水洗いです。
2017-0606-07.jpg
内部から黒い水が流れ出ました。これが透明になるまで丹念に洗浄したら完了となります。
2017-0606-08.jpg
2017-0606-12.jpg
2017-0606-14.jpg
完了品です。パイプ部分にまで付着していたススもなくなりました。
2017-0607-1.jpg
2017-0607-3.jpg
2017-0607-6.jpg


今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ハイエースDPR洗浄 目詰まり解消

今回はハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA)のDPRがPM燃焼を行っても目詰まりが解消されないという事で、ご依頼をいただきました。
ディーラーにて強制再生を行い、スチームやエアーブローによる洗浄をしたみたいですが、見た目の汚れが改善されるのみで、根本的な解決にはならず、当社へのDPR洗浄にご依頼頂きました。
ここ1か月でハイエースのDPR洗浄のご依頼がとても多くなってきました。

ご依頼のハイエースDPRになります。
2017-0602-03.jpg
2017-0602-05.jpg
2017-0602-08.jpg
このようにこびりついたススや、PM燃焼を行った際の燃えカスとなるアッシュが主な目詰まりの原因です。

これだけでは、詰まりの状態を確認しきれない為、流水で判断します。
2017-0602-09.jpg
2017-0602-11.jpg
ある程度水が上がれ出ましたが、フィルターの手前に設置された管からも流れ出ているため、目詰まりを起こしているようです。

続いて洗浄液に浸し、エアーをおくりこむことで、アッシュなどを溶かしだします。
2017-0602-17.jpg
黒い泡があふれ出しました。詰まりの原因がこのような汚れたちです。
2017-0602-19.jpg
最後に流水で洗い流しながら、目詰まりの改善具合を確認していきます。
2017-0602-32.jpg
2017-0602-33.jpg
ようやく水が透明になるまで洗浄できました。
2017-0602-37.jpg
洗浄完了となります。
2017-0603-1.jpg
2017-0603-3.jpg
2017-0603-6.jpg
ディーラーでDPR強制再生、スチーム洗浄をしてもらったが、あまり変わらないといったご感想をお持ちの方は
ぜひ当店でのDPRクリーニングをお試しださい。

ハイエースDPRマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ハイエースDPR洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ダイナ(DYNA) PV-XZU414 トヨタ(TOYOTA) DPFマフラー洗浄 車検の前にクリーニング

今回はトヨタ ダイナ PV-XZU414のDPF洗浄をご依頼いただきました。
車検の前にクリーニングをして欲しいという事でお急ぎの依頼でした。

ご依頼品を見ていきます。
2017-0527-03.jpg
こびりつき凝固した炭化物でフィルターまでのぞくことが出来ません。
2017-0527-06.jpg
2017-0527-09.jpg
水を通すことでフィルターの詰まり具合を確認することが出来ます。
2017-0527-10.jpg
軽く水洗いをするだけでもたくさんの炭化物が流れ出ましたが、かなり水が通るのでそこまでひどくはないようです。
2017-0527-13.jpg
2017-0527-14.jpg
洗浄槽に浸しエアーを流し込むと、凝固していた炭化物が浮き出し、外部に流れ出ていきます。
2017-0527-20.jpg
拡大図です。ところどころ黒いものが炭化物になります。
2017-0527-22.jpg
洗浄槽で汚れを吐かせた後、仕上げの水洗いを行います。
2017-0529-02.jpg
白いトレイでわかりやすいかと思いますが、徐々に水が透明になっていくのを撮影しました。
2017-0529-03.jpg
2017-0529-06.jpg
2017-0529-07.jpg
2017-0529-08.jpg
2017-0529-09.jpg
洗浄完了になります。
2017-0530-1.jpg
こちらの撮影ではフィルター部が見えるようになりました。
2017-0530-4.jpg
フラッシュで反射しているがわかるかと思います。
2017-0530-8.jpg
今回はトラック用の大型DPFの洗浄でした。
ボルトが燃焼性再生やPM燃焼のし過ぎによって溶けてしまいうことが多く、触媒部のみを取り外して発送していただくことが難しいケースが多いため、フィルターの状態を確認する事は難しいものです。またボルトにとどまらず、中のセラミックスフィルターまで溶けてしまう場合もあり、DPF洗浄だけでは症状が改善できないといったこともあります。その為、燃焼性再生やPM燃焼を何回もしてしまう前に洗浄のご相談をお願いします。そう考えると、車検に合わせて洗浄というのもいいかもしれませんね。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

トヨエース(TOYOACE)XZU308 トヨタ(TOYOTA) DPF洗浄 詰まり解消 燃焼性強制再生を繰り返さない

今回は トヨエース(TOYOACE)XZU308 トヨタ(TOYOTA) のDPF洗浄をさせていただきました。

ご依頼品です。センサー部を取り外した状態で発送していただきました。
2017-04-10 10 36 24.jpg
奥に向かうにつれて炭化物が増えていくので、フラッシュをたいても真っ黒に見えました。
2017-04-10 10 54 37.jpg
こちら側も相当炭化物がこびりついているのが分かります。
2017-04-10 10 57 41.jpg
パイプ部分があり、直接詰まりを確認することができない為、流水で確認しました。
それなりに水は通るようです。
2017-04-10 15 19 55.jpg
洗浄槽に入れ、したからエアーを吹き込みます。泡と一緒になって炭化物が溶け出しました。
2017-04-10 18 00 23.jpg
泡そのものも黒い為、はっきりと汚れていたことがわかりました。
2017-04-10 18 03 59.jpg
洗浄槽内には浮き出た炭化物が隅に集まっていました。
2017-04-10 21 52 25.jpg
洗浄後は中に残った浮き出た炭化物を洗い流す為、水洗いをします。これと同時に、詰まりがないのか最終的な確認にもつながります。
2017-04-10 22 07 05.jpg
最終的にほとんど水がそのまま流れ出るほどまで改善されたのが分かります。
2017-04-10 22 20 40.jpg
一晩乾燥させたら洗浄完了となりました。
2017-04-12 13 29 50.jpg
炭化物が溶け落ちたことで、内部まで確認できるようになりました。
2017-04-12 13 30 39.jpg
2017-04-12 13 32 00.jpg
こちらのお客様は熊本県からのご依頼でしたので、3,888円の送料がかかりました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ダイナPB-XZU423(DYNA) トヨタ(TOYOTA) DPF詰まり解消・洗浄

今回は、ダイナPB-XZU423(DYNA)トヨタ(TOYOTA)、走行距離20万㎞以下のDPF洗浄を行いました。
センサー類を取り外した状態で発送いただきました。
P1040528.JPG
P1040531.JPG
P1040535.JPG
水で詰まりを確認いたしましたが、それなりに水は通るようです。
P1040536.JPG
洗浄液に付けエアーを吹き込みます。
2017-04-10 9 58 58.jpg
泡によって溶け出た炭化物などが浮き上がります。
2017-04-10 10 00 35.jpg
あふれ出るように炭化物が飛び出ているのが分かります。
2017-04-10 10 33 40.jpg
その後内部残った汚れを洗い流すため、水で洗い流します。
2017-04-10 22 25 42.jpg
最初こそ真っ黒な水が流れ出ますが、徐々に薄くなっていきます。
2017-04-10 22 25 52.jpg
2017-04-10 22 26 01.jpg
2017-04-10 22 26 07.jpg
透明な水が流れ出るまで入念に洗浄していきました。
2017-04-11 17 42 30.jpg
洗浄完了となります。よく乾燥させてから返却させていただきました。
2017-04-11 17 40 11.jpg
2017-04-11 17 41 21.jpg
2017-04-11 17 42 36.jpg

今回は福岡県のお客様でしたので、送料が2,916円でした。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

送迎用コースター(COASTER) トヨタ(TOYOTA) DPF洗浄/詰まり解消 

今回は送迎用のお車としてご利用されていた、コースター(COASTER)トヨタ(TOYOTA)のDPF洗浄をご依頼いただきました。

まずはご依頼品です。
2017-04-01 12 37 52.jpg
入り口には凝固した炭化物の塊がはっきりとこびりついています。
2017-04-01 12 38 14.jpg
2017-04-01 12 41 03.jpg
最初に流水の抜け具合を見ることで、内部のつまりの状態を確認していきます。
2017-04-01 12 55 47.jpg
今回はあまり問題なく水が通り抜けているようです。
2017-04-01 12 56 12.jpg
洗浄液をはった洗浄槽にDPF本体を浸し、エアーによって浮き出た炭化物を内部から吐き出します。
2017-04-01 13 09 50.jpg
勢いよく黒なった泡が飛び出ました。
2017-04-01 13 10 05.jpg
洗浄槽には先程吐き出された炭化物が浮かび上がりました。
2017-04-01 13 10 46.jpg
仕上げに流水で内部から汚れや詰まりの原因であった、炭化物、オイルアッシュ等を洗い流します。
P1040391.JPG
P1040392.JPG
オレンジ色に見えるものがオイルアッシュです。
P1040398.JPG
透明な水が通り抜けるまで洗浄しました。
P1040397.JPG
乾燥させたら、洗浄完了となります。
2017-04-03 12 06 52.jpg
こちらからでも目視にてフィルターを確認できるようになりました。
2017-04-03 12 07 28.jpg
2017-04-03 12 08 09.jpg
こちらのお客様は群馬県からのご依頼でしたので、送料が1,512円でした。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

トヨタ・ダイナ エンジンチェックランプ点灯にて DPF洗浄

当店のDPF洗浄にご依頼頂きありがとうございます。

ご依頼頂いたのは、
エンジンチェックランプが点灯、アクセルの吹上が悪いという症状の車両です。
チェックランプがつくと強制再生を何度も繰り返し、再生頻度が短くなってしまいます。

当店のDPF洗浄ではそのような症状を改善し、DPF交換をされなくても再生頻度を長くする事が可能になります。

ご依頼品
0301dyna_01.jpg

洗浄前
マフラー内の炭化物は見た目では全く判断できません。
当店のスタッフは経験と技術力でお客様から届いたマフラーを丁寧に洗浄させて頂いてます。
0301dyna_02.jpg

0301dyna_03.jpg

洗浄前の水洗い
マフラー内の詰まり具合を確認しながら流水にて洗い流します。
0301dyna_04.jpg

洗浄
特殊洗浄液を使い洗浄を行います。
マフラー内の炭化物を剥がして泡と一緒に浮き出てきます。
0301dyna_05.jpg

泡全体が黒くなり、その中に剝がれてきた炭化物が出てきます。
一回の洗浄でかなりのアッシュも浮き出てきました。
0301dyna_06.jpg

洗浄後、水洗い
洗浄後はきれいに水洗いをします。
先ほど洗浄で溶けてきた炭化物を一度水洗いをします。
0301dyna_07.jpg

このような洗浄を数回繰り返して、マフラー内をきれいにしていきます。
洗浄液に1時間浸けるだけでも炭化物が柔らかくなり、へばりついていた炭化物が浮き上がります。

洗浄後
0301dyna_08.jpg

0301dyna_09.jpg

洗浄後は内部がきれいになったので重さも軽くなっています。
従来スチームブローやエアブローでは除去できなかった炭化物を除去できます。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

遠方のお客様でも対応させていただきます。
今回のDPFの送料は兵庫県ですと 2,052円(片道)となります。

【TOYOTA】XZU336 トヨエース - トヨタ DPFマフラー洗浄

ご依頼いただきありがとうございます。

今回のお車は トヨタ トヨエース ( H16年式、走行距離6万キロ)です。
お車の症状は、エンジン警告灯(エンジンチェックランプ点灯)とアクセルを踏んでもエンジンが吹けない。
とのことでエンジンの不調で、DPF洗浄のご依頼を頂きました。

お客様から届いたマフラー
toyoace_001.jpg

梱包をほどいて見ましょう。
toyoace004.jpg

toyoace003.jpg
マフラー内部はかなりスラッシュ等の炭化物に覆われていそうです。
toyoace005.jpg

洗浄前にマフラー内部を水を通し確認をしてみます。
水を入れると逆流をし始めました。
これはマフラーが炭化物に覆われているためです。
toyoace006.jpg

toyoace007.jpg
反対側からも水を通し、マフラーの症状を確認します。
こちら側も水が逆流し、少しですが炭化物が出てきました。
toyoace008.jpg

マフラーの症状がわかったところで、洗浄をしていきたいと思います。
toyoace009.jpg
洗浄開始からすぐに炭化物が泡と一緒に出てきました。
toyoace010.jpg
泡がみるみるうちに真っ黒になってきました。
toyoace012.jpg

洗浄が完了したら水洗いをします。
toyoace013.jpg
水で流すと、スス、スラッジ、アッシュ等が大量に出てきました。
この汚れがなくなるまで、丁寧に流水で何度も流していきます。
水の底にあるのは炭化物です。
toyoace014.jpg

再洗浄
toyoace015.jpg

まだ汚れが浮き出てきているのがわかります。
この洗浄が終わると、先ほどと同じように水で洗い流します。

綺麗になったマフラー
toyoace016.jpg

DPFは非分解式なタイプが多く、内部の汚れ、詰まりを視覚にて確認する事は出来ませんが、当店では多数の洗浄実績により培ったノウハウ、テクニックを駆使し、水での高圧洗浄やエアブローでは落ちない結晶化された炭化物の洗浄が可能です。

洗浄をご依頼頂いたお客様からは、多数のお喜びの言葉を頂戴しております。

是非、お問い合わせ下さい。

エンジン警告灯(エンジンチェックランプ点灯)など
DPF再生でも改善できない場合はDPF洗浄をオススメします。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!

【TOYOTA】ダイナ-トヨタ DPFマフラー洗浄

ご依頼頂きありがとうございます。

今回はトヨタ ダイナ DPFマフラーの洗浄のご依頼です。
症状は、自動燃焼、自動再生後短いスパンでエンジンチェックランプ点灯、DPFランプ点灯との事でした。

0216dyna-img01.JPG


・洗浄前
0216dyna1.gif

0216dyna-img05.JPG

・洗浄前反対側
0216dyna2.gif

0216dyna-img08.JPG

0216dyna-img09.JPG

0216dyna-img10.JPG

早速、洗浄をしていきたいと思います。
・洗浄開始。
すぐに泡が口から吹き出してきました。
0216dyna3.gif

・泡と一緒に内部のスス、スラッジ、アッシュが浮いてきました。
採取した泡は泡が消えると、汚れの状態がよくわかります。
0216dyna4.gif

0216dyna5.gif

・一晩洗浄機内で洗浄液に浸し、
翌日にもう一度洗浄しました。前日よりも泡の抜け方が非常に早くなっていました。
0216dyna6.gif

・洗浄後の水洗いの様子です。
内部のから出てくる真っ黒な状態が綺麗になるまで洗浄します。
0216dyna7.gif

0216dyna8.gif

水洗いで出てきた内部のスス、アッシュ等です。
0216dyna9.gif

・中に汚れが残らないように丁寧に色々な角度から水洗いをします。
0216dyna10.gif

・洗浄後
0216dyna11.gif

・洗浄後反対側
0216dyna12.gif

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!

トヨタ トヨエース(Toyoace ) DPF洗浄

ご依頼頂きありがとうございます。

今回、エンジンチェックランプ点灯、ダイアグにて診断した結果、DPF不良との事でご依頼頂きました。

症状としましては、DPF強制再生ができず、アイドリング不調との事でインジェクターも交換予定との事です。

早速、DPF洗浄を開始したいと思います。
 
ご依頼のDPFです。
toyoAce_001.JPG
toyoAce_004.JPG
toyoAce_005.JPG
toyoAce_002.JPG
toyoAce_003.JPG

洗浄中
詰まりが解消され、内部からは煤、アッシュが出てきました。

toyoAce_006.JPG

何度か洗浄を繰り返すうちに汚れが出てこなくなりました。
toyoAce_007.JPG

洗浄後

toyoAce_008.JPG
toyoAce_009.JPG

弊社にDPFが到着後、詰まりがひどくなければ、
当日から翌営業日には返送いたします。
詰まりの状態により2~3営業日お時間を頂戴する場合もございます。

DPFチェックランプ点灯、炭化物の詰まりでお困りな方
是非、一度、洗浄実績多数の弊社へご依頼ください。
-------------------------------------------------
※DPF発送先住所※
〒399-4511 
長野県上伊那郡南箕輪村5576-14
株式会社MSI
TEL 0265-78-5080
問い合わせフォームはコチラから!

-------------------------------------------------

トヨタ コースター DPF洗浄

ご依頼頂きありがとうございます。

今回は静岡県からご依頼を頂きました。

 走行中にエンジンランプが点灯。
 テスター診断後、マフラー不良とエンジンコンピューター不良がわかり、
 他店にてマフラー詰まりの為、交換を勧められたところ
 当店のサイトを閲覧して頂き、ご依頼を頂きました。

・DPF洗浄前
coaster_001.JPG

coaster_002.JPG

coaster_003.JPG

coaster_004.JPG


・DPF洗浄中
coaster_005.JPG

・DPF洗浄後
coaster_006.JPG

coaster_007.JPG

coaster_008.JPG

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!