エクストレイル(NISSAN) DPF詰まり解消

今回はエクストレイル(NISSAN)のDPFをつかり解消のため洗浄させて頂きました。
普段比較的短い距離を、日に何回も往復するという事で、どうしても詰まりやすくなってしまうとの事でした。
依頼品のエクストレイルDPFを見ていきます。
x-trail-01.jpg
x-trail-04.jpg
x-trail-06.jpg
比較的早い段階でのご依頼でしたので、そこまで詰まりが酷いという事はありませんでした。

エクストレイルDPFに水流を流し、詰まり具合を確認していきます。
x-trail-08.jpg
x-trail-12.jpg
水も詰まりがなく、炭化物が一緒に流れ出ました。

エクストレイルDPFは形状が特殊な為、ロープで吊るして固定し、洗浄液とエアーで洗浄をしていきました。
x-trail-17.jpg
x-trail-21.jpg
水面から出ている穴は小さかったため、エアーは小さい物でしたが、しっかりと洗浄していることが確認できました。

仕上げに、エクストレイルDPF内部を流水で流し、きれいにしていきます。
x-trail-22.jpg
最初は黒い水でしたが、
x-trail-24.jpg
直ぐに水が透明になりました。
x-trail-27.jpg
洗浄が完了したエクストレイルDPFになります。
x-trail-33.jpg
フィルターの黒くなっていた部分も、新品同様になりました。
x-trail-35.jpg
x-trail-37.jpg
今すぐ、エクストレイルDPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

エクストレイルDPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

バネット(VANETTE)日産 (NISSAN) DPF洗浄 PM燃焼を繰り返さない為に

今回はバネット(VANETTE) 日産 (NISSAN) SKF2LN 走行距離8万㎞のDPF洗浄をさせていただきました。
バネットなどのディーゼル車にはDPFが搭載されています。通常PM燃焼をする事でDPF再生を行うのですが、この頻度や間隔が短くなると、DPFが危険な状態にある証拠です。
通常のPM燃焼ではマフラーから白煙が噴出されますが、回数が多くなるにつれ、黒煙が噴出するようになります。そのような重大な状態になる前に当社でのDPFクリーニングをおすすめしています。
それではご依頼品を見ていきます。
いつもトラック用の大きなDPFを洗浄していますので、幾分小さく感じます。
2017-0522-06.jpg
中を確認するとフィルターを見ることができ、DPFの不具合の原因となる炭化物が凝固しているのが見て取れました。
2017-0522-08.jpg
2017-0522-05.jpg
次に水を通すことで、詰まりの状態を確認していきます。
2017-0522-10.jpg
黒く染まった水が流れ出ていきます。ほとんどの水がフィルターの手前にある管を伝って出てしまっているのが確認できるかと思います。
2017-0522-12.jpg

液をはった洗浄に浸し、下からエアーを通します。前回バネットの洗浄を行ったときはエアーがなかなか抜けてこないという事で大変苦労しましたが、今回は最初の洗浄でエアーの抜けを確認できました。
2017-0522-15.jpg
すでに溶け出た炭化物も上がってきています。
2017-0522-16.jpg
一度引き上げ、水を通して内部を洗います。
2017-0522-2-1.jpg
差ほど水の抜けが改善されている様子はありませんでした。
2017-0522-2-2.jpg
今度は反対側から洗浄液での洗浄を行います。中は洗浄されているようで、白い泡が上がってきました。
2017-0522-2-3.jpg
2017-0522-2-5.jpg
再度水による洗浄を行いました。抜けていく水が透明になったら完了です。
2017-0523-2.jpg
2017-0523-5.jpg
トレイで洗浄後に出た水を確認するとご覧のように炭化物が浮いていました。
2017-0523-6.jpg
洗浄完了になります。
2017-0524-1.jpg
フラッシュ撮影を行うと金属面で反射するようになりました。
2017-0524-3.jpg
2017-0524-6.jpg


今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

DPF・DPR詰まり 【UD】 マフラー洗浄 

ご依頼頂きありがとうございます。
当社の洗浄は、車検時に行われる通常スチーム洗浄やエアブローでは取れないマフラー内部に付着しているアッシュを含む炭化物を落とすことができます。
修理や交換等のコストの削減、車両の延命にも繋がります。

たくさんのお客様からご支持を頂き、続々ときれいに洗浄をされていくDPFマフラー。
今回届いたDPFマフラーはこちらになります。
0323_001.jpg

中央部分が溶けています。
0323_000.png

早速、マフラー内部の状態を水を通して確認をしていきます。
0323_002.jpg

流水でマフラー内部の状態を確認しながら水洗いをした後は、当店の特殊洗剤液での洗浄です。
エアーを入れることにより内部から炭化物が大量に出てきました。
0323_003.jpg

洗浄後は流水で綺麗に洗い流していきます。
0323_004.jpg


綺麗に洗い流した後は再度、洗浄をしていきます。
数回に渡り、洗浄・水洗いを繰り返しマフラー内部にある炭化物を剥がしていきます。
洗浄後は綺麗に乾かし、お客様の元へと発送させて頂きました。

0323_005.jpg

マフラーの症状により洗浄にかかるお時間や日数が異なりますが、
当店ではお客様が抱えている強制再生のご負担を少しでも軽減できるように洗浄をさせて頂いております。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

UDコンドル(CONDOR) 日産(NISSAN) DPF触媒部 洗浄

今回は、UDコンドル(CONDOR) 日産(NISSAN) PB-MK37 走行距離2万3000㎞のDPF洗浄を行いました。
お客様で高圧洗浄をしたところ、水が通らない状態だったというご依頼でした。
触媒部分のみが当社に届きました。
IMG_2033.JPG
IMG_2034.JPG
IMG_2036.JPG
水で洗い流しましたが、全く水が抜けてきませんでした。
その後洗浄槽に付けエアーを吹き込みましたが、全くエアーが抜けてきませんでした。
IMG_2039.JPG
その為、一度洗浄槽内の点検を行い再度洗浄を行いました。
IMG_2043.JPG
エアーの抜ける量、スピードが改善されましたが、1.5ヶ月ほど洗浄を繰り返しました。
IMG_2045.JPG
IMG_2059.JPG
洗浄にかなりの時間を費やしましたが、当社ではDPFキレイになるまで、繰り返し洗浄させていただきます。
IMG_0013.JPG

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ニッサン UDトラック BDG-MK36D DPF洗浄

ご依頼頂きありがとうございます。

今回は日産UDのDPF洗浄になります。
走行中のDPFランプの点灯はありませんが、エンジン警告ランプ(エンジンチェックランプ)が点灯との事で、整備工場にてDPFマフラーの詰まりが原因という診断で当社に依頼がございました。


・洗浄前

 before-nissan_UD01.JPG

 before-nissan_UD02.JPG

 before-nissan_UD03.JPG

 before-nissan_UD04.JPG
 
どのくらい詰まりがあるか、洗浄前に水洗いにて確認いたします。
そこまで、ひどい詰まりではありませんが、所々、詰まっており、水が通らない箇所がございました。
before-nissan_UD06.JPG
 
早速洗浄を開始したいと思います。
数時間後、詰まりの原因になっていたスス、スラッジ、アッシュが内部から浮き出てきました。
midst-nissan_UD02.JPG

 midst-nissan_UD03.JPG

 midst-nissan_UD04.JPG

 midst-nissan_UD05.JPG

 ・洗浄後
水を通してみた所、詰まり箇所がありませんでしたので、洗浄終了となります。

 after-nissan_UD01.JPG

 after-nissan_UD02.JPG

 after-nissan_UD03.JPG

 after-nissan_UD04.JPG

強制燃焼、再生の頻度が多くなる前に、洗浄をおすすめいたします。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!


 

日産UD コンドル PMマフラー洗浄

ご依頼頂きありがとうございます。

ご依頼は岩手県からになります。
日産UDコンドル 後付けされたPMマフラー DPFの洗浄記録になります。
約12,13年前に取り付けられたとの事です。

洗浄前

0201.jpg

03.jpg

04.jpg


洗浄開始後、しばらくすると、詰まりの原因の炭化物、粒子状物質がどんどん排出されてきました。

06.jpg

07.jpg
08.jpg

09.jpg

11.jpg

12.jpg

洗浄後・・・
写真を撮り忘れてしまいましたが、きれいな状態に洗浄できました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!