ボルボ重機DPF目詰まり解消の為洗浄

今回は、ボルボ製のトンネル工事用にご使用の重機のDPFの洗浄依頼をいただきました。
大型の重機の場合でも、触媒部分のみに分解していただけるようでしたら、洗浄の対応をさせて頂けます。
さっそく、ボルボ製重機DPFを確認していきます。
volvojuuki-02.jpg
こちらの面は網目の一つ一つにぎっしりと炭化物が詰まってしまっています。
volvojuuki-03.jpg
こちらは比較的きれいなようです。
volvojuuki-04.jpg
ボルボ製重機DPFを流水にて洗浄していきます。
volvojuuki-05.jpg
全くと言っていいほど水が通りませんでした。かなりの炭化物が詰まっているようです。
volvojuuki-06.jpg
ボルボ製重機DPFを洗浄槽に入れ洗浄していきます。
volvojuuki-11.jpg
今回はかなりの量が詰まっていた為、洗浄日数をかけて丁寧に洗浄していきました。

ボルボ製重機DPFを洗浄槽からだし、流水で洗っていきます。
volvojuuki-13.jpg
炭化物がたくさん出てきました。

その後も網目一つ一つを丁寧に洗浄していき、ようやく水が透明のまま抜けるようになりました。
volvojuuki-15.jpg
洗浄完了品になります。
volvojuuki-18.jpg
volvojuuki-19.jpg
volvojuuki-20.jpg
今すぐ、ボルボ製重機DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ボルボ製重機DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!


ギガ(ISUZU)DPF詰まり解消

今回はギガ(ISUZU)のDPFの詰まりを解消するため、洗浄を行いました。
ギガDPFは大型のDPFで構造もパイプの出口がL字型に曲がっています。giga-04.jpg
今回は取り外し出来ないという事でしたが、ボルト部分から取り外していただきますと、
触媒部分のみになりますので、取り外しをおすすめしています。
giga-06.jpg
giga-07.jpg
それではギガDPFの詰まりを確認するため、水を流していきます。
giga-08.jpg
今回はちょろちょろとしか流れ出なかった為、かなり詰まっているようです。
giga-09.jpg
続いてギガDPFを洗浄液に浸し、エアーを吹き込みながら炭化物等の、粒子状物質を溶け出させます。
giga-10.jpg
ボルト付近の隙間から、エアーが漏れている為、触媒部分までは洗浄できているようです。
giga-11.jpg
ギガDPFを洗浄液から引き揚げ、仕上げの水洗いをしていきます。
giga-12.jpg
立てて水を下に落とすと、大量の炭化物が飛び出しました。
giga-22.jpg
時間はかかりましたが丁寧に洗浄させて頂き、水が透明になりました。
giga-26.jpg
洗浄が完了したギガDPFになります。
giga-27.jpg
L字型に曲がっている部分は、すすが付いている状態でしたので、水洗いでもきれいになりました。
giga-28.jpg
フィルター部分も詰まりが解消されているのが確認できました。
giga-33.jpg
今すぐ、ギガDPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ギガDPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

エクストレイル(NISSAN) DPF詰まり解消

今回はエクストレイル(NISSAN)のDPFをつかり解消のため洗浄させて頂きました。
普段比較的短い距離を、日に何回も往復するという事で、どうしても詰まりやすくなってしまうとの事でした。
依頼品のエクストレイルDPFを見ていきます。
x-trail-01.jpg
x-trail-04.jpg
x-trail-06.jpg
比較的早い段階でのご依頼でしたので、そこまで詰まりが酷いという事はありませんでした。

エクストレイルDPFに水流を流し、詰まり具合を確認していきます。
x-trail-08.jpg
x-trail-12.jpg
水も詰まりがなく、炭化物が一緒に流れ出ました。

エクストレイルDPFは形状が特殊な為、ロープで吊るして固定し、洗浄液とエアーで洗浄をしていきました。
x-trail-17.jpg
x-trail-21.jpg
水面から出ている穴は小さかったため、エアーは小さい物でしたが、しっかりと洗浄していることが確認できました。

仕上げに、エクストレイルDPF内部を流水で流し、きれいにしていきます。
x-trail-22.jpg
最初は黒い水でしたが、
x-trail-24.jpg
直ぐに水が透明になりました。
x-trail-27.jpg
洗浄が完了したエクストレイルDPFになります。
x-trail-33.jpg
フィルターの黒くなっていた部分も、新品同様になりました。
x-trail-35.jpg
x-trail-37.jpg
今すぐ、エクストレイルDPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

エクストレイルDPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

レンジャー(HINO) DPF詰まり解消

今回はレンジャー(HINO)のDPF詰まりを解消するため、洗浄させて頂きました。
レンジャーは本来大型のDPFになりますが、お客様で3分割にして頂き、触媒部分が洗えるようにして送っていただきました。このように分割していただければ、大型のDPFでも洗浄させていただくことが可能ですので、お問い合わせ下さい。
hino4t-07.jpg
hino4t-11.jpg
レンジャーDPFの水洗いをしていきます。これによって詰まりを確認していきます。
hino4t-15.jpg
触媒部分のみですが、詰まりがあるため水の抜けが比較的悪いです。
hino4t-16.jpg
続いてレンジャーDPFを洗浄液に浸し、エアーを吹き込むことで炭化物やオイルアッシュなどの微粒子物質を溶かしていきます。
hino4t-21.jpg
エアーと共に黒い炭化物等が流れ出ていきました。
hino4t-22.jpg
仕上げにレンジャーDPFを水洗いしていきます。
hino4t-28.jpg
ご覧のように水がきれいになるまで丁寧に洗い流します。
hino4t-32.jpg
hino4t-36.jpg
洗浄完了したレンジャーのDPFになります。触媒部分以外のパーツもご覧のようにきれいに洗浄させていただきました。
hino4t-38.jpg
hino4t-39.jpg
hino4t-44.jpg
hino4t-43.jpg
今すぐ、レンジャーのDPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

レンジャーのDPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ランドクルーザー(TOYOTA)DPF洗浄

今回はランドクルザーのDPF洗浄をご依頼いただきました。もともとDPFが付いている車種ではなかったそうですが、排ガス規制のため、DPFを後付けし10年使用したそうです。
その後、点検のため確認すると、セラミックフィルターにたくさんの凝固した炭化物がこびりついていた為、洗浄依頼をいただきました。

早速ご依頼されたランドクルーザーのDPFを確認していきます。
landcruiser-02.jpg
landcruiser-06.jpg
今回はパイプ部分が取り外し可能という事だったので、取り外し後と取り外し前の写真があります。
landcruiser-45.jpg
それではランドクルーザーDPFの洗浄を行っていきます。
まずは水洗いです。これでつまり具合を確認していきます。
landcruiser-11.jpg
landcruiser-12.jpg
こちらはパイプを取り外していただいたランドクルーザーDPFの洗浄になります。
landcruiser-33.jpg
landcruiser-34.jpg
続けて、洗浄液でランドクルーザーDPFの洗浄を行います。
landcruiser-13.jpg
茶色い泡が出ていますので、オイルアッシュが溶け出たものと推測されます。
landcruiser-16.jpg
パイプ部分を取り外したランドクルーザーDPFでは反対側からの洗浄をさせて頂きました。
landcruiser-47.jpg
仕上げにランドクルーザーDPFを水洗いしていきます。
landcruiser-22.jpg
内部から出てくる水が透明になるまで丁寧に水洗いをしていきます。
landcruiser-26.jpg
洗浄が完了したランドクルーザーDPFになります。
landcruiser-32.jpg
landcruiser-41.jpg

今すぐ、ランドクルーザーDPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ランドクルーザーDPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

プロフィア(PROFIA)日野(HINO)触媒部のみ DPF詰まり解消依頼

今回はプロフィア(PROFIA)のDPF洗浄をご依頼いただきました。
早速ご依頼品を確認していきます。
2017-07-04-03.jpg
ご依頼主様で整備工場に触媒部を取り出していただき、発送していただきました。
触媒部のみですと、洗浄効果が確認しやすく作業が順調に推移する傾向にあります。
2017-07-04-05.jpg
ご覧のように網目に炭化物等の粒子状物質が詰まっているのが確認できます。
2017-07-04-08.jpg
セラミックフィルターはキレイに残っており、ススがこびりついていました。

流水で詰まりを確認していきますが、そこまで酷くはない様子でしたが、やはり真っ黒になって流れ出します。
2017-07-04-10.jpg
続いて洗浄液による洗浄です。最初のうちは炭化物が多く黒くドロドロしたものが流れ出ます。
2017-07-04-11.jpg
丁寧に洗浄を続けると、漏れ出る泡が茶色く変化し、オイルアッシュが溶けているのも確認できました。
2017-07-04-20.jpg
最後に仕上げの水洗いをいていきます。
2017-07-04-21.jpg
2017-07-04-22.jpg
透明になったら完了です。
2017-07-04-24.jpg
洗浄完了品になります。
2017-07-04-25.jpg
ご覧のようにフィルターの詰まりが解消されました。
2017-07-04-27.jpg
セラミックフィルターもススが取れ本来の白さに戻りました。
2017-07-04-30.jpg
今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!


ハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA) 強制燃焼、PM燃焼できない DPF再生

今回は、ハイエース(HIACE)200系 2型ディーゼル トヨタ(TOYOTA)のDPF(DPR)洗浄をご依頼いただきました。
自動によるPM燃焼や強制燃焼を繰り返しているうちに、燃焼が出来なくなってしまい、洗浄による機能回復は見込めますか?
というご相談でした。
やはり繰り返し行ってしまうと、フィルター内部に炭化物いわゆるススが溜まってしまいます。そのうち粒子状物質もフィルター内で集まりだし、DPF再生、燃焼できなくなったり、最悪の場合セラミックフィルターが燃焼時の熱に耐えきれず溶けてしまうことすらあります。

ご依頼のハイエースDPF。
2017-0613-01.jpg
予想通りススがたくさんこびりついていました。
2017-0613-03.jpg
2017-0613-05.jpg
流水によってDPF内の詰まりを確認して行きます。
2017-0613-06.jpg
無事に水が流れ出た為、洗浄による回復が期待できそうです。
2017-0613-07.jpg
続いて洗浄液に浸し、エアーを送り込みバブリングでDPF詰まりの解消を図ります。
2017-0613-12.jpg
上手くエアーが抜けてきました。それに伴いDPF内部の炭化物を筆頭とする粒子状物質が流れ出ました。

最後に仕上げの水洗いです。
2017-0614-2.jpg
詰まりが解消された為、水の通りがよくなっています。
2017-0614-3.jpg
この水が透明になったら洗浄完了です。
2017-0614-4.jpg
2017-0614-8.jpg
洗浄完了になります。今回は燃焼できないという事でセラミックフィルターが破損している可能性などもありましたが無事に洗浄で機能回復を確認できました。
2017-0616-1.jpg
2017-0616-3.jpg
2017-0616-6.jpg
センサー類は通常取りはずしをお願いしています。外せない場合は発送前にご確認ください。


今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

スーパーグレート(SUPER GREAT) 三菱ふそう(FUSO) エンジンチェックランプが消えない

今回は、スーパーグレート(SUPER GREAT) 三菱ふそう(FUSO)のDPF洗浄のご依頼をいただきました。ご依頼頂く前に、三菱のディーラーさんにて洗浄を依頼したそうですが、それでもエンジンチェックランプが点灯したままになっており、まだ目詰まりしているという診断を受けたそうです。やはり、高圧洗浄では取れない粒子状物質が多く、ご依頼品をみて驚きました。
ご依頼品です。
2017-0607-01.jpg
内部には固まった炭化物がへばりついていました。
2017-0607-03.jpg
2017-0607-05.jpg
流水によって詰まりを確認していきます。
2017-0607-06.jpg
洗浄したこともあってか、詰まりはひどくないよですが、大量のススが流れ出ました。
2017-0607-11.jpg
特殊洗浄液で洗浄を行います。大量の炭化物等の粒子物質が詰まっていたようで、黒い状態が長く続きました。
2017-0607-20.jpg
ようやく落ち着いたところで、DPFをひっくり返しもう一度洗浄を行います。
2017-0610-2.jpg
最後に水洗いです。長時間にわたって洗浄液で洗浄したため比較的早く透明になりました。
2017-0610-6.jpg
2017-0610-7.jpg
2017-0610-9.jpg
洗浄完了です。
2017-0614.jpg
全く見えなかった内部の構造が分かるまで洗浄できました。
2017-0613-2.jpg
2017-0613-4.jpg
今回はDPFが大型であったこと、かなりの粒子物質を確認したため、洗浄が長期にわたりました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ディーゼル車のDPF目詰まり解消 デリカD5(DELICA D:5) 三菱(MITSUBISHI)

今回は、デリカD5(DELICA D:5) 三菱(MITSUBISHI)のDPFのフィルター目詰まりを解消するため洗浄を致しました。
ディーゼル車は、長距離運転であれば排気ガスの温度が高くなり粒子物質を自然と焼き切ることが出来るため、警告灯が点滅する頻度は多くないのですが、短距離運転ですと温度が必要な高さまで上がらない為、その分フィルターで捕集する量が多くなり、警告灯が点滅する間隔が短くなります。今回も短距離運転の為、PM燃焼を繰り返し行い黒煙がマフラーから出てきたという事でご依頼をいただきました。

それではご依頼品を見ていきます。
2017-531-04.jpg
ご覧のようにL字型の形状の為、フィルター部分まで目視することは出来ませんでした。
2017-531-05.jpg
2017-531-07.jpg
続いて水洗いをする事でつまりを確認していきます。
2017-531-09.jpg
水と共に炭化物やオイルアッシュといった物質が流れ出します。詰まりはそこまで酷くないようですが、内部には相当な量の粒子物質が溜まっているようです。
2017-531-12.jpg
本体を釣り上げ洗浄槽に固定し、洗浄を開始しました。流し込んだエアーと共に溶け出た炭化物などの粒子状物質が流れ出ます。
2017-531-16.jpg
仕上げに水洗いを行います。溶け出た粒子状物質が流れ出ていきます。
2017-531-18.jpg
この作業によって水が透明になるまで、丁寧に洗浄していきます。
2017-531-19.jpg
2017-531-21.jpg
2017-531-30.jpg
よく乾かしたら、お客様へ返却となります。
2017-0605-1.jpg
2017-0605-3.jpg
2017-0605-6.jpg

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ハイエースDPR洗浄 目詰まり解消

今回はハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA)のDPRがPM燃焼を行っても目詰まりが解消されないという事で、ご依頼をいただきました。
ディーラーにて強制再生を行い、スチームやエアーブローによる洗浄をしたみたいですが、見た目の汚れが改善されるのみで、根本的な解決にはならず、当社へのDPR洗浄にご依頼頂きました。
ここ1か月でハイエースのDPR洗浄のご依頼がとても多くなってきました。

ご依頼のハイエースDPRになります。
2017-0602-03.jpg
2017-0602-05.jpg
2017-0602-08.jpg
このようにこびりついたススや、PM燃焼を行った際の燃えカスとなるアッシュが主な目詰まりの原因です。

これだけでは、詰まりの状態を確認しきれない為、流水で判断します。
2017-0602-09.jpg
2017-0602-11.jpg
ある程度水が上がれ出ましたが、フィルターの手前に設置された管からも流れ出ているため、目詰まりを起こしているようです。

続いて洗浄液に浸し、エアーをおくりこむことで、アッシュなどを溶かしだします。
2017-0602-17.jpg
黒い泡があふれ出しました。詰まりの原因がこのような汚れたちです。
2017-0602-19.jpg
最後に流水で洗い流しながら、目詰まりの改善具合を確認していきます。
2017-0602-32.jpg
2017-0602-33.jpg
ようやく水が透明になるまで洗浄できました。
2017-0602-37.jpg
洗浄完了となります。
2017-0603-1.jpg
2017-0603-3.jpg
2017-0603-6.jpg
ディーラーでDPR強制再生、スチーム洗浄をしてもらったが、あまり変わらないといったご感想をお持ちの方は
ぜひ当店でのDPRクリーニングをお試しださい。

ハイエースDPRマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ハイエースDPR洗浄のご依頼までの流れはコチラから!