ハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA) 強制燃焼、PM燃焼できない DPF再生

今回は、ハイエース(HIACE)200系 2型ディーゼル トヨタ(TOYOTA)のDPF洗浄をご依頼いただきました。
自動によるPM燃焼や強制燃焼を繰り返しているうちに、燃焼が出来なくなってしまい、洗浄による機能回復は見込めますか?というご依頼でした。やはり繰り返し行ってしまうと、フィルター内部に炭化物いわゆるススが溜まってしまいます。そのうち粒子状物質もフィルター内で集まりだし、燃焼できなくなったり、最悪の場合セラミックフィルターが燃焼時の熱に耐えきれず溶けてしまうことすらあります。

ご依頼品を見ていきましょう。
2017-0613-01.jpg
予想通りススがたくさんこびりついていました。
2017-0613-03.jpg
2017-0613-05.jpg
流水によって詰まりを確認して行きます。
2017-0613-06.jpg
無事に水が流れ出た為、洗浄による回復が期待できそうです。
2017-0613-07.jpg
続いて洗浄液に浸し、エアーを送り込みバブリングでつまりの解消を図ります。
2017-0613-12.jpg
上手くエアーが抜けてきました。それに伴い内部の炭化物を筆頭とする粒子状物質が流れ出ました。

最後に仕上げの水洗いです。
2017-0614-2.jpg
詰まりが解消された為、水の通りがよくなっています。
2017-0614-3.jpg
この水が透明になったら洗浄完了です。
2017-0614-4.jpg
2017-0614-8.jpg
洗浄完了になります。今回は燃焼できないという事でセラミックフィルターが破損している可能性などもありましたが無事に洗浄で機能回復を確認できました。
2017-0616-1.jpg
2017-0616-3.jpg
2017-0616-6.jpg
センサー類は通常取りはずしをお願いしています。外せない場合は発送前にご確認ください。


今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

スーパーグレート(SUPER GREAT) 三菱ふそう(FUSO) エンジンチェックランプが消えない

今回は、スーパーグレート(SUPER GREAT) 三菱ふそう(FUSO)のDPF洗浄のご依頼をいただきました。ご依頼頂く前に、三菱のディーラーさんにて洗浄を依頼したそうですが、それでもエンジンチェックランプが点灯したままになっており、まだ目詰まりしているという診断を受けたそうです。やはり、高圧洗浄では取れない粒子物質が多く、ご依頼品をみて驚きました。
ご依頼品です。
2017-0607-01.jpg
内部には固まった炭化物がへばりついていました。
2017-0607-03.jpg
2017-0607-05.jpg
流水によって詰まりを確認していきます。
2017-0607-06.jpg
洗浄したこともあってか、詰まりはひどくないよですが、大量のススが流れ出ました。
2017-0607-11.jpg
特殊洗浄液で洗浄を行います。大量の炭化物等の粒子物質が詰まっていたようで、黒い状態が長く続きました。
2017-0607-20.jpg
ようやく落ち着いたところで、DPFをひっくり返しもう一度洗浄を行います。
2017-0610-2.jpg
最後に水洗いです。長時間にわたって洗浄液で洗浄したため比較的早く透明になりました。
2017-0610-6.jpg
2017-0610-7.jpg
2017-0610-9.jpg
洗浄完了です。
2017-0614.jpg
全く見えなかった内部の構造が分かるまで洗浄できました。
2017-0613-2.jpg
2017-0613-4.jpg
今回はDPFが大型であったこと、かなりの粒子物質を確認したため、洗浄が長期にわたりました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ディーゼル車のDPF目詰まり解消 デリカD5(DELICA D:5) 三菱(MITSUBISHI)

今回は、デリカD5(DELICA D:5) 三菱(MITSUBISHI)のDPFのフィルター目詰まりを解消するため洗浄を致しました。
ディーゼル車は、長距離運転であれば排気ガスの温度が高くなり粒子物質を自然と焼き切ることが出来るため、警告灯が点滅する頻度は多くないのですが、短距離運転ですと温度が必要な高さまで上がらない為、その分フィルターで捕集する量が多くなり、警告灯が点滅する間隔が短くなります。今回も短距離運転の為、PM燃焼を繰り返し行い黒煙がマフラーから出てきたという事でご依頼をいただきました。

それではご依頼品を見ていきます。
2017-531-04.jpg
ご覧のようにL字型の形状の為、フィルター部分まで目視することは出来ませんでした。
2017-531-05.jpg
2017-531-07.jpg
続いて水洗いをする事でつまりを確認していきます。
2017-531-09.jpg
水と共に炭化物やオイルアッシュといった物質が流れ出します。詰まりはそこまで酷くないようですが、内部には相当な量の粒子物質が溜まっているようです。
2017-531-12.jpg
本体を釣り上げ洗浄槽に固定し、洗浄を開始しました。流し込んだエアーと共に溶け出た炭化物などの粒子物質が流れ出ます。
2017-531-16.jpg
仕上げに水洗いを行います。溶け出た粒子物質が流れ出ていきます。
2017-531-18.jpg
この作業によって水が透明になるまで、丁寧に洗浄していきます。
2017-531-19.jpg
2017-531-21.jpg
2017-531-30.jpg
よく乾かしたら、お客様へ返却となります。
2017-0605-1.jpg
2017-0605-3.jpg
2017-0605-6.jpg

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ハイエースDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)目詰まり解消

今回はハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA(TOYOTA)のDPFがPM燃焼を行っても目詰まりが解消されないという事で、ご依頼をいただきました。
ディーラーにて強制再生を行っても、スチームやエアーフローによる洗浄のみでは見た目の
汚れが改善されるのみで、根本的な解決にはなっていない為、当社での洗浄をお試しいただいて効果を実感していただきたいです。

ご依頼品はこちらになります。
2017-0602-03.jpg
2017-0602-05.jpg
2017-0602-08.jpg
このようにこびりついたススや、PM燃焼を行った際の燃えカスとなるアッシュが主な目詰まりの原因です。

これだけでは、詰まりの状態を確認しきれない為、流水で判断します。
2017-0602-09.jpg
2017-0602-11.jpg
ある程度水が上がれ出ましたが、フィルターの手前に設置された管からも流れ出ているため、目詰まりを起こしているようです。

続いて洗浄液に浸し、エアーをおくりこむことで、アッシュなどを溶かしだします。
2017-0602-17.jpg
黒い泡があふれ出しました。詰まりの原因がこのような汚れたちです。
2017-0602-19.jpg
最後に流水で洗い流しながら、目詰まりの改善具合を確認していきます。
2017-0602-32.jpg
2017-0602-33.jpg
ようやく水が透明になるまで洗浄できました。
2017-0602-37.jpg
洗浄完了となります。
2017-0603-1.jpg
2017-0603-3.jpg
2017-0603-6.jpg
ディーラーでDPF強制再生、スチーム洗浄をしてもらったが、あまり変わらないといったご感想をお持ちの方は
ぜひ当店でのDPFクリーニングをお試しださい。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ダイナ(DYNA) PV-XZU414 トヨタ(TOYOTA) DPFマフラー洗浄 車検の前にクリーニング

今回はトヨタ ダイナ PV-XZU414のDPF洗浄をご依頼いただきました。
車検の前にクリーニングをして欲しいという事でお急ぎの依頼でした。

ご依頼品を見ていきます。
2017-0527-03.jpg
こびりつき凝固した炭化物でフィルターまでのぞくことが出来ません。
2017-0527-06.jpg
2017-0527-09.jpg
水を通すことでフィルターの詰まり具合を確認することが出来ます。
2017-0527-10.jpg
軽く水洗いをするだけでもたくさんの炭化物が流れ出ましたが、かなり水が通るのでそこまでひどくはないようです。
2017-0527-13.jpg
2017-0527-14.jpg
洗浄槽に浸しエアーを流し込むと、凝固していた炭化物が浮き出し、外部に流れ出ていきます。
2017-0527-20.jpg
拡大図です。ところどころ黒いものが炭化物になります。
2017-0527-22.jpg
洗浄槽で汚れを吐かせた後、仕上げの水洗いを行います。
2017-0529-02.jpg
白いトレイでわかりやすいかと思いますが、徐々に水が透明になっていくのを撮影しました。
2017-0529-03.jpg
2017-0529-06.jpg
2017-0529-07.jpg
2017-0529-08.jpg
2017-0529-09.jpg
洗浄完了になります。
2017-0530-1.jpg
こちらの撮影ではフィルター部が見えるようになりました。
2017-0530-4.jpg
フラッシュで反射しているがわかるかと思います。
2017-0530-8.jpg
今回はトラック用の大型DPFの洗浄でした。
ボルトが燃焼性再生やPM燃焼のし過ぎによって溶けてしまいうことが多く、触媒部のみを取り外して発送していただくことが難しいケースが多いため、フィルターの状態を確認する事は難しいものです。またボルトにとどまらず、中のセラミックスフィルターまで溶けてしまう場合もあり、DPF洗浄だけでは症状が改善できないといったこともあります。その為、燃焼性再生やPM燃焼を何回もしてしまう前に洗浄のご相談をお願いします。そう考えると、車検に合わせて洗浄というのもいいかもしれませんね。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

バネット(VANETTE)日産 (NISSAN) DPF洗浄 PM燃焼を繰り返さない為に

今回はバネット(VANETTE) 日産 (NISSAN) SKF2LN 走行距離8万㎞のDPF洗浄をさせていただきました。
バネットなどのディーゼル車にはDPFが搭載されています。通常PM燃焼をする事でDPF再生を行うのですが、この頻度や間隔が短くなると、DPFが危険な状態にある証拠です。
通常のPM燃焼ではマフラーから白煙が噴出されますが、回数が多くなるにつれ、黒煙が噴出するようになります。そのような重大な状態になる前に当社でのDPFクリーニングをおすすめしています。
それではご依頼品を見ていきます。
いつもトラック用の大きなDPFを洗浄していますので、幾分小さく感じます。
2017-0522-06.jpg
中を確認するとフィルターを見ることができ、DPFの不具合の原因となる炭化物が凝固しているのが見て取れました。
2017-0522-08.jpg
2017-0522-05.jpg
次に水を通すことで、詰まりの状態を確認していきます。
2017-0522-10.jpg
黒く染まった水が流れ出ていきます。ほとんどの水がフィルターの手前にある管を伝って出てしまっているのが確認できるかと思います。
2017-0522-12.jpg

液をはった洗浄に浸し、下からエアーを通します。前回バネットの洗浄を行ったときはエアーがなかなか抜けてこないという事で大変苦労しましたが、今回は最初の洗浄でエアーの抜けを確認できました。
2017-0522-15.jpg
すでに溶け出た炭化物も上がってきています。
2017-0522-16.jpg
一度引き上げ、水を通して内部を洗います。
2017-0522-2-1.jpg
差ほど水の抜けが改善されている様子はありませんでした。
2017-0522-2-2.jpg
今度は反対側から洗浄液での洗浄を行います。中は洗浄されているようで、白い泡が上がってきました。
2017-0522-2-3.jpg
2017-0522-2-5.jpg
再度水による洗浄を行いました。抜けていく水が透明になったら完了です。
2017-0523-2.jpg
2017-0523-5.jpg
トレイで洗浄後に出た水を確認するとご覧のように炭化物が浮いていました。
2017-0523-6.jpg
洗浄完了になります。
2017-0524-1.jpg
フラッシュ撮影を行うと金属面で反射するようになりました。
2017-0524-3.jpg
2017-0524-6.jpg


今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

デュトロ(DUTRO) PB-XZU413M 日野(HINO) DPF洗浄 チェックランプ早期点灯

今回は デュトロ(DUTRO) 日野(HINO)のDPF洗浄をご依頼いただきました。

1万キロほど走行するとエンジンチェックランプが点灯をはじめ、100キロに一度ほどのペースで強制燃焼する、原因が他にあるかもしれないが、洗浄を試して様子を見たいという事でご依頼をいただきました。

ご依頼品を見ていきます。
2017-05-17 11 29 47.jpg
2017-05-17 11 30 50.jpg
パイプ側は凝固した炭化物がこびりつき、黒くなっていました。
2017-05-17 11 31 49.jpg
2017-05-17 11 31 58.jpg
2017-05-17 11 32 01.jpg
早速水洗いをして詰まりを確認します。
2017-05-17 11 36 08.jpg
2017-05-17 11 36 29.jpg
通りはあるようですが、すでに水が黒くなって流れ出ています。
2017-05-17 11 40 33.jpg
2017-05-17 11 41 51.jpg
洗浄槽にDPF本体を固定し、エアーを吹き込みながら洗浄液で炭化物を溶かしていきます。
すでにエアーは溶け出た炭化物と一緒に流れ出ています。
2017-05-17 12 06 20 (1).jpg
近づいて撮影すると、黒い粒がエアーに含まれているのが分かるかと思います。
2017-05-17 12 07 15.jpg
今回は洗浄に長めの時間が必要と判断し、一晩この状態で洗浄することにしました。

翌日、洗浄液から取り出し詰まりが解消されているか確認を兼ねて流水で洗浄しました。
2017-05-18 10 01 38.jpg
中に残ってしまった洗浄液が水と共に流れ出しているという状態で、直ぐに水が透明に変わっていきました。
2017-05-18 10 02 33.jpg
反対側はまだ溶け出た炭化物が中にあったらしく最初こそ真っ黒でしたが、直ぐにこちらも透明になりました。
2017-05-18 10 17 00 (1).jpg
2017-05-18 10 20 20.jpg
洗浄完了になります。
2017-05-18 15 30 07.jpg
2017-05-18 15 30 43.jpg
2017-05-18 15 32 01.jpg
2017-05-18 15 32 16.jpg
洗浄具合に関しましては、このように写真撮影をして逐一記録しておりますので、ご確認いただけます。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

デュトロ(DUTRO) 日野(HINO)  DPF洗浄 DPF詰まり解消 強制燃焼を繰り返さない洗浄

今回はデュトロ(DUTRO) 日野(HINO) のDPF洗浄をご依頼いただきました。

ご依頼品の確認です。
今回はセンサー部の取り外せない部分があり、そのまま洗って構わないとお客様からご連絡がありました。
2017-05-15 10 14 16.jpg
通常センサーは取り外しをお願いしてから、ご依頼を受けておりますが、今回のように対応させて頂く場合も御座います。
2017-05-15 10 15 09.jpg
2017-05-15 10 16 33.jpg
水洗いをしながら、内部の詰まり具合の確認もしていきます。
2017-05-15 10 43 11.jpg
ご覧のようにあまり通りがよくありませんでした。
2017-05-15 10 43 48.jpg
続いて洗浄液をはった洗浄槽に本体を浸け、エアーの吹き込む位置で固定し、洗浄を開始します。
2017-05-15 11 27 49 (1).jpg
これによって、浮き出た炭化物や、オイルアッシュ等のつまりの原因がエアーと共に吹き出します。
2017-05-15 11 31 56.jpg
2017-05-16 10 23 57 (1).jpg
最後に、つまりの解消を確認しながら、仕上げの水洗いによって内部に残った炭化物などを洗い流します。
2017-05-16 13 57 15.jpg
2017-05-16 13 57 24.jpg
2017-05-16 14 05 35.jpg
洗浄完了品になります。
 2017-05-17 17 39 34 (6).jpg
 2017-05-17 17 39 34 (4).jpg
 2017-05-17 17 39 34 (1).jpg
マフラー、DPF洗浄は実績のある当社にお任せください。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!


CX-5 マツダ(MAZDA) マフラー洗浄 DPF詰まり解消 強制燃焼できない

今回はCX-5 LDA-KE2FW マツダ(MAZDA) 走行距離6万5千㎞のDPF洗浄のご依頼をいただきました。

強制燃焼をしようとしたところ、エラーコードが出てしまいすることが出来ず、DPFを取り外し、スチーム洗浄を試したが症状が改善されなかったという事で、ご依頼をいただきました。

ご依頼品を見ていきます。
2017-05-12 10 01 59.jpg
口の大きい方から内部を確認することが出来たため確認したところ、セラミックフィルターが破損していることがわかりました。お客様にも確認をとり、このまま洗浄を試してほしいとご連絡いただきました。
2017-05-12 9 33 17.jpg
2017-05-12 9 33 28.jpg
いつもの大型の物とは違いL字型の形状の為、直接ホースを本体に固定し、エアーを吹き込むことで、洗浄液による洗浄を行いました。
2017-05-12 10 05 48.jpg
この状態で、2日程洗浄を行いましたが、改善されなかった為、本体を縄で釣り上げて固定し、パイプ側からエアーを吹き込めるようにして洗浄を行いました。
2017-05-15 16 02 48.jpg
これによって、洗浄効果が得られた為、この状態で一晩洗浄致しました。

水洗いによる確認を行ったところ、格段に水の通りがよくなったため、乾燥して返却することに致しました。
2017-05-16 9 53 35.jpg
2017-05-16 9 53 50.jpg
2017-05-16 9 59 33.jpg
2017-05-16 10 02 52.jpg
洗浄完了品になります。
2017-05-16 17 20 02.jpg
2017-05-16 17 20 24.jpg
2017-05-16 17 21 23.jpg
大型車以外の車種においても洗浄可能ですので、お問い合わせ下さい。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

日野 デュトロBDG-XZU354T DPF洗浄/詰まり解消 強制燃焼を繰り返さない為に

今回は日野 デュトロBDG-XZU354T、走行距離12万㎞のDPF洗浄のご依頼を頂きました。

ご依頼品の確認をしていきます。
お客様で一度水洗いをなさったようで、ダンボールが濡れた状態で届きました。
P1040566.JPG
またセンサー部の取り外しが出来なかった部分もあり、今回はより慎重な洗浄が必要です。
P1040567.JPG
やはり水による洗浄は効果がなく、ほとんどの炭化物が残っているようです。
P1040570.JPG
P1040574.JPG
詰まり具合を確認するため、流水で通りを確認します。
2017-05-08 8 52 50.jpg
大量に水を流しますが他の穴から出てきているせいか、あまり流れ出ません。
2017-05-08 8 52 59.jpg
状態を確認したところで、洗浄液で洗浄を行います。
2017-05-08 8 57 41.jpg
溶け出た炭化物が、洗浄槽の隅に集まります。
2017-05-08 11 54 23.jpg
仕上げの水洗いになります。詰まりが改善されたかが分かります。
2017-05-08 12 00 01 (1).jpg
黒い水が透明な水に変わりました。
2017-05-08 12 00 34.jpg
2017-05-08 12 02 05.jpg
こちらの管の部分からも水をいれ丁寧に洗浄します。
2017-05-08 12 03 12.jpg
ひっくり返して反対側からも洗浄します。
2017-05-08 12 04 00 (1).jpg
乾燥した、洗浄後のご依頼品です。
2017-05-08 17 22 51.jpg
フラッシュで撮影を行うと内部のフィルターまで確認できるようになりました。
2017-05-08 17 21 43.jpg
2017-05-08 17 22 23.jpg
こちらのお客様は神奈川県からのご依頼でしたので、送料1,512円がかかりました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!