ボンゴ(BONGO TRUCK)SKF2T マツダ(MAZDA) DPF洗浄 詰まり解消 オイルアッシュを確認

今回は ボンゴトラック(BONGO TRUCK)SKF2T マツダ(MAZDA) 走行距離16万5千㎞のDPF洗浄を行いました。

早速、ご依頼品を確認していきたいと思います。
2017-04-12 16 17 47.jpg
こちら側はフィルターが黒くなり、目詰2%2016%2017%2022.jpg">2017-04-12 16 17 22.jpg
こちら側は一見キレイには見えますが、実際に水を通してみないとわからないものです。
2017-04-12 16 18 08.jpg
それではつまり具合を確認しながら、流水にて洗浄を行います。
2017-04-12 16 19 50.jpg
相当な量の水を流し込んでいますが、あまり通りがよくないのが確認できます。
2017-04-12 16 19 57.jpg
それでは洗浄液に浸し、下からエアーを吹き込みます。このように、添え木をして倒れないように慎重に行っています。
2017-04-12 17 53 27.jpg
ドロドロに溶けた炭化物が上に上がってきました。
2017-04-12 17 53 36.jpg
今度は反転し、同じように洗浄を行います。
2017-04-12 18 41 08.jpg
詰まりが解消されたかの確認を含め、内部洗浄の為水洗いをします。
2017-04-13 9 58 16.jpg
2017-04-13 9 58 25.jpg
オレンジ色に見えるものは、オイルアッシュと呼ばれる触媒内の詰まりの原因となる物質です。こちらも炭化物などと一緒に落とすことが出来ます。
2017-04-13 9 58 38.jpg
今回は一度の洗浄では落ち切らなかった為、もう一度洗浄を行いました。
ご依頼品の状態によっては、今回のように洗浄回数が増える場合もあります。
2017-04-13 10 21 31.jpg
2017-04-14 11 56 46.jpg
こちらが洗浄完了品となります。
2017-04-14 11 59 13.jpg
ようやく内部のフィルターまで撮影できるようになりました。
2017-04-14 12 02 15.jpg
2017-04-14 11 59 30.jpg
こちらのお客様は、高知県からのご依頼でしたので、送料が1,780円かかりました。
遠方のお客様でも洗浄させていただいておりますので、ご相談ください。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!