2017年6月 2日

ハイエースDPR洗浄 目詰まり解消

今回はハイエース(HIACE)トヨタ(TOYOTA)のDPRがPM燃焼を行っても目詰まりが解消されないという事で、ご依頼をいただきました。
ディーラーにて強制再生を行い、スチームやエアーブローによる洗浄をしたみたいですが、見た目の汚れが改善されるのみで、根本的な解決にはならず、当社へのDPR洗浄にご依頼頂きました。
ここ1か月でハイエースのDPR洗浄のご依頼がとても多くなってきました。

ご依頼のハイエースDPRになります。
2017-0602-03.jpg
2017-0602-05.jpg
2017-0602-08.jpg
このようにこびりついたススや、PM燃焼を行った際の燃えカスとなるアッシュが主な目詰まりの原因です。

これだけでは、詰まりの状態を確認しきれない為、流水で判断します。
2017-0602-09.jpg
2017-0602-11.jpg
ある程度水が上がれ出ましたが、フィルターの手前に設置された管からも流れ出ているため、目詰まりを起こしているようです。

続いて洗浄液に浸し、エアーをおくりこむことで、アッシュなどを溶かしだします。
2017-0602-17.jpg
黒い泡があふれ出しました。詰まりの原因がこのような汚れたちです。
2017-0602-19.jpg
最後に流水で洗い流しながら、目詰まりの改善具合を確認していきます。
2017-0602-32.jpg
2017-0602-33.jpg
ようやく水が透明になるまで洗浄できました。
2017-0602-37.jpg
洗浄完了となります。
2017-0603-1.jpg
2017-0603-3.jpg
2017-0603-6.jpg
ディーラーでDPR強制再生、スチーム洗浄をしてもらったが、あまり変わらないといったご感想をお持ちの方は
ぜひ当店でのDPRクリーニングをお試しださい。

ハイエースDPRマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ハイエースDPR洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

2017年5月30日

ダイナ(DYNA) PV-XZU414 トヨタ(TOYOTA) DPFマフラー洗浄 車検の前にクリーニング

今回はトヨタ ダイナ PV-XZU414のDPF洗浄をご依頼いただきました。
車検の前にクリーニングをして欲しいという事でお急ぎの依頼でした。

ご依頼品を見ていきます。
2017-0527-03.jpg
こびりつき凝固した炭化物でフィルターまでのぞくことが出来ません。
2017-0527-06.jpg
2017-0527-09.jpg
水を通すことでフィルターの詰まり具合を確認することが出来ます。
2017-0527-10.jpg
軽く水洗いをするだけでもたくさんの炭化物が流れ出ましたが、かなり水が通るのでそこまでひどくはないようです。
2017-0527-13.jpg
2017-0527-14.jpg
洗浄槽に浸しエアーを流し込むと、凝固していた炭化物が浮き出し、外部に流れ出ていきます。
2017-0527-20.jpg
拡大図です。ところどころ黒いものが炭化物になります。
2017-0527-22.jpg
洗浄槽で汚れを吐かせた後、仕上げの水洗いを行います。
2017-0529-02.jpg
白いトレイでわかりやすいかと思いますが、徐々に水が透明になっていくのを撮影しました。
2017-0529-03.jpg
2017-0529-06.jpg
2017-0529-07.jpg
2017-0529-08.jpg
2017-0529-09.jpg
洗浄完了になります。
2017-0530-1.jpg
こちらの撮影ではフィルター部が見えるようになりました。
2017-0530-4.jpg
フラッシュで反射しているがわかるかと思います。
2017-0530-8.jpg
今回はトラック用の大型DPFの洗浄でした。
ボルトが燃焼性再生やPM燃焼のし過ぎによって溶けてしまいうことが多く、触媒部のみを取り外して発送していただくことが難しいケースが多いため、フィルターの状態を確認する事は難しいものです。またボルトにとどまらず、中のセラミックスフィルターまで溶けてしまう場合もあり、DPF洗浄だけでは症状が改善できないといったこともあります。その為、燃焼性再生やPM燃焼を何回もしてしまう前に洗浄のご相談をお願いします。そう考えると、車検に合わせて洗浄というのもいいかもしれませんね。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!