新たな武器(ガラスコーティング)

今日は新たに入手した「ガラスコーティングの施工をしている人にとって有効な武器」を入手しましたのでご報告しようかと。

何を入手したか(社長にお願いして買って貰ったんですが)と言うとそれは「膜厚計」です!


makuatukei.jpg

、、、、、何がそんなに嬉しいのか?ですか?
これがあれば数字的にお客様に「コーティングでこれだけ膜厚が出来ました!」って言えるんです。
勿論同じ場所を測定する必要はありますが、数字で見れるのはとても大きい事だと思います。今までは明らかに変わってくる手応えをお客様に説明させていただいておりましたが、これで今まで以上に明確な説明が出来ます。

正確には施工前、第1段階研磨後、第2段階研磨後、下処理最終段階、ガラスコーティング1層目、ガラスコーティング2層目、ガラスコーティング3層目、4層目で測ろうかと思っています。(キズ付けないようにしないと、、、)

今ガラスコーティング自体の種類が増えてきて皆様迷われる事かと思います。
次回施工した時に実測値を報告させていただきますので、その数値を見て「これは気になる!」と思われた方がいましたら、是非当社にご相談ください。
弊社から離れていて無理だ!と言う方もいらっしゃると思いますが、弊社のコーティングは施工店が何店舗かありますので、そちらでも対応可能です。
ですのでお気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

嬉しい出来事(ボディーコーティング)

今日は嬉しい出来事について書かせていただきます。
弊社が進めております「ウルトラケア(ガラスコーティング)」ですが、施工店が増えてまいりました。
つい先日も「導入研修」をさせていただき、施工店様と一緒に一台車両を仕上げました。これで施工店様は25店舗となり順調に拡大しております。
地域柄なんですが導入を決めていただいた店舗様も「冬の間は施工したくない、、、」とのお声が多く、この時期に一気に増えてきている感じです。
弊社の「導入研修」ですが施工店様にてお車を用意していただき(お金を頂いて施工する車両)そのお車を私が薬剤の説明と取り扱いを説明させていただきながら一緒に仕上げます。
・・・この導入研修なんですが実は「高級車」が多いんですよね(笑)
いままで4店舗導入研修を行っていますが、その中にポルシェが2台ありました(笑)
状態は違いますが基本的に高級車は磨きやすいです。
クリアも厚いですし、ガラスコーティングすれば映えるし、変な言い方ですが素直なので。
・・・・・ちなみに今回は文字だけですよ・・・・・
先月導入研修をさせていただいた導入店様の施工するお車がポルシェでした。
そこの導入店様での担当者が若いお兄さんなんですが「ポルシェ」に気が引けてしまったみたいで「怖くて磨けないです!」って言われてしまいました。
気持ちは分かるんですが、今後毎回この導入店様に私がお手伝いに来るわけにはいかないので、「何があっても自分が絶対元に戻すから大丈夫!」と伝えてとりあえず施工をスタートしました。時間が経つにつれてリラックスして磨きが出来る様になった様で(本来磨きの能力がある人なので)時間が経つごとにスムーズに進みました。
基本の磨きはお任せして自分は結構深いキズ消しに専念して、サクサクと工程が進みます。キズ消しのテクニックも伝授しながらガラスコーティングに突入です。
ガラスコーティングの工程は楽しそうに施工してくれました。
やっぱり仕事は楽しいでやってもらいたいので、とても嬉しい状況です。
実は先程お邪魔してきたんですが「あ、どーも!。キズ消しの磨きしたんですが見てくれますか?」って顔を見せた途端に言われて、嬉しくなりすぐに見せて貰いましたが、元の深いキズがほぼ分からなっており、正直「優秀!」の一言でした。
磨きで本当に深いキズは消せません。ですがほとんど分からなくする事は出来ます。

弊社のガラスコーティング導入研修ではキズ消しなどのテクニックも含めて伝授させていただきます。
気になった方は是非弊社の「ウルトラケア ガラスコーティング」の導入を検討してください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ちょっと寄り道(ボディーコーティング)

今日はちょっと寄り道です。
ボディーコーティング(以下ガラスコーティングと言います)には欠かせない傷消しについてお話ししようかと思います。
皆さんは下の写真の様に擦ってしまった場合どうしますか?

1111111.jpg

「やっちゃった、、、直すと高いかなあ、、、」って思いますか?
見た目は確かにひどい感じがしますね。
これって実は磨くだけである程度綺麗になってしまうんです。
もちろん深く傷が入ってしまっている場合は直す必要がありますが白く線が入っている状態だとほとんどが磨くことで消す事が出来ます。(いわゆる擦り傷ですね)
では実際にやってみましょう!

2222222.jpg

まずはこんな風にサンドペーパーでゴシゴシと、、、
サンドペーパーで付着している塗料(白いやつ)をしっかりと落とします。
線キズが確認できる場合は線キズが分からくなるまでサンドペーパーで擦ります。
但しやりすぎると塗装し直しになりますのでご注意を
(さらっと怖い事言ってますが)
見た目もっと酷くなった!と突っ込まれそうですが大丈夫です。

3333333.jpg

全体的にサンドペーパーをかけて付着物(白いやつ)と線キズが分からなくなったら次はポリッシャーの出番です。
サンドペーパーをかけた部分にゆっくり丁寧にポリッシャーをあてます。
(心の中で綺麗になれ!と言うとより効果的です)
この時にサンドペーパーで艶が無くなっている部分に艶が出ている事とキズが残っていない事を確認します。
ポリッシャーがちゃんと当たっていないとサンドペーパーの擦った跡が残ってしまい艶が出ず濁った感じになります。
さあどうなったでしょうか?

4444444.jpg


いかがでしょうか?
結構綺麗になっていると思います。
じゃあ今回何をしたの?って所をご説明させていただきます。

今回は塗装面の「クリア」と呼ばれる透明の層を削ってから研磨しています。
「クリア」の層は車種によって違いますがある程度の厚みがあります。
その厚みの範囲内のキズであれば今回の様に消す事が可能です。
線キズの場合はこの「クリア」の表面に段差が出来てしまっている状態ですので、この段差をなるべくなくしてあげるとキズが見えにくくなります。
(鋭角になってしまった角が白く見えているんです)
先程も言いましたが「クリア」層を削っているので、削りすぎると無くなってしまいますので注意が必要です。

もし皆さんのお車がこんな状態になってしまったら、是非当社までご相談ください。
短時間にて綺麗にさせていただきます。
但し深いキズについては「分かりにくくなる」程度で宜しければ対応させていただきます。「リペア」ではなく「磨き」ですので全てのキズが消える訳ではありませんが、皆さんの笑顔の為に出来るだけ頑張ります。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。


ボディコーティング(ガラスコーティング)の基礎(下地磨きって難しい?)

今日はボディコーティング(以下ガラスコーティングと言います)の基礎部分である「下地磨き」についてお話させていただきます。そもそも語れる程の腕があるのか?と言う疑問もありますが、、、

ガラスコーティングあるいは、「コーティング」と呼ばれるお仕事をされている方や自分で愛車を磨いている方であれば分かっていただけると思いますが、いわゆる「下地磨き」は大変な作業であり難しい作業になります。
磨き傷が残った状態でガラスコーティングをしてしまうと、その傷はずっと残ってしまいます。その磨き傷を残さない様に作業される方は色んなバフ、コンパウンド、ポリッシャーを使っている訳です。勿論時間をかけて丁寧に作業すれば磨き傷が残る可能性はかなり低くなると思います。ただガラスコーティング専門店であれば一台に対して時間を使えるのではないかと思いますが、一般的な板金屋さんであったり車小売店さんである場合はその他の作業もあるので、きっちり磨き傷を消しておきたいが時間が厳しい!と言うのが現状ではないでしょうか?
その為にガラスコーティングを導入出来ないと考えられている方も多いのではと思っています。
そこで弊社にてオススメさせていただきたいのが「ウルトラケア ガラスコーティング」になります。弊社でも施工しておりますが、従来のガラスコーティングの下地処理に比べて格段のスピードアップが可能です。
こんな話をすると「本当に?」とか「磨き傷を消すのはそんなに簡単じゃない!」と言われてしまうと思うので写真にて証明させていただこうかと思います。

mae.jpg
この磨き傷を見てください。結構びっしりついています

ATO3.png
この状態にするのに作業時間は約10分です

APPU3.png
磨き傷は見えますか?(ちょっと見えるかも、、、)

写真を見ていただいて如何でしょうか?
磨き傷の残り具合はどうでしょうか?
弊社が導入している「ウルトラケア ガラスコーティング」の下地処理であれば写真の状態になるまで10分程の磨き時間です。厳密に言えば「磨きが甘い!」と言われてしまいますが、逆に言うと10分でここまで綺麗にする事が可能です。
もう一つ言わせていただくと、この作業を行ったのはこの日初めてポリッシャーを触った人になります。
どうですか?魅力的ではないでしょうか?
全く磨き作業を行った事がない人が、当日説明を受けて実際に磨いてみてこのクオリティになるのであれば経験者ならもっと綺麗になるのではないでしょうか?
素晴らしいポリッシャーと独自ケミカルの組み合わせにて「短時間」で「磨き傷を消す」事が可能となっております。

作業時間は短くても本格的な下地磨きを可能とするのが「ウルトラケア ガラスコーティング」です。この下地処理を行ったあとにガラスコーティングをかければ綺麗にピカピカになります。
どうでしょうか?弊社が施工している「ウルトラケア ガラスコーティング」にご興味を持っていただけたでしょうか?
実際の作業時間など、この写真では分からないと思います。
弊社ではこの「ウルトラケア ガラスコーティング」がいかに優れているかを実証するためにデモを行っています。
ご興味を持たれた企業の方はお気軽にお問い合わせください。
個人の方でも「どんなポリッシャーを使っているの?」などご質問があればお気軽にお問い合わせください。

仕上がりに自信があります。

最後までお読みいただきありがとうございました。










ちょっとした実験を、、、(ガラスコーティング?)

今日はちょっとした実験をしてみました。
何かと言うと弊社が施工している「ウルトラケアガラスコーティング」のガラス剤をフロントガラスに塗布してみよう!と言うことです。
マスキングなしでも塗布が出来るコーティングですので今までもフロントガラスに付着していることは分かっていましたが、わざわざ塗布したことはありませんでした。
そこで実験を、、、してみました。
車両は先日紹介しました「コーティング号」です。


IMG_20190301_174752.jpg

スポンジにガラス剤を軽く染み込ませます

IMG_20190301_174905.jpg

直接塗っていきます

IMG_20190301_174921.jpg

付着している水が流れていますね

中から見るとどうなっているのでしょうか?
実は油膜みたいになって見えないとか、、、

IMG_20190301_174941.jpg

心配いりませんでした。視界は通常と変わりません

今日の実験でガラス面に塗布しても大丈夫な事が確認できました。
付着しても問題ないことは分かっていましたが多めに塗布するとどうなるか確認が出来たのでよい実験だったと思います。(ダメだったらどうしようかと思いましたが、、、)

デモ車なので何でも実験していますが、、、
無事で良かったです(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。


ウルトラケアとは?

私共の会社にて実施させていただいている「ウルトラケア」ガラスコーティングですが一体どんなものなのか?あまり聞いた事がないぞと言われましたので、今回は「ウルトラケア」ガラスコーティングについてご説明させていただこうと思います。

ウルトラケアガラスコーティングの特徴を挙げてみます。

①シリカ化合物多層構造
 ウルトラケアガラスコーティングでは実現不可能とされていたシリカ化合物の多層構造となっており従来のガ
 ラスコーティングに比べて被膜の厚みが最大で22倍となっています。強度と艶の両立しておりますので、一度
 見ていただければその魅力を分かっていただけるのではないでしょうか。 
 ※シリカ単層は某国産高級車ディーラーのコーティングにも採用されています

②疎水性
 ウルトラケアのガラスコーティングの被膜は疎水性となっています。
 疎水性なので水が纏まって流れ落ち、ボディに残りにくいので雨シミにもなりにくく、無機質の被膜なので有
 機質の汚れが付着しにくいので水を流すだけでほとんどの汚れを落とすことが出来ます。

③匠磨き
 下地処理において「匠磨き」と言われる専用機材を用いた本格的な磨き工程を行ってい ます。これは塗装面
 に余計な負荷を与えず、洗車キズなどの繊細なキズまで除去します。経年劣化したボディ表面のキズや異物を
 除去し、キメの細かい塗装肌を復元します。

ウルトラケアのガラスコーティングを実施していただくと思わず触りたくなる「キメ肌」を皆様のお車で体験していただけると思います。
宜しければお問い合わせください。ご来店もお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コーティングデモ車両のボンネット

先日コーティングデモ車が出来たと書きましたが、全体の写真だったのでどんな綺麗さなのかが伝わっていない気がしましたので、反省して再度写真を上げさせていただきます。

1548489856014.jpg
鏡の様になっています

もう一枚

IMG_20190126_170630.jpg
撮影者の顔は隠してあります(笑)

いかがですか?
綺麗だと思っていただけるでしょうか?
弊社のボディーコーティングを施工させていただくとこの様な状態に仕上がります。
今ボディーコーティングをしようか悩んでいるのであれば、お問い合わせだけでもいただければと思います。
電話でも、店頭にお越しいただいても大丈夫です。
店頭にお越しいただいて「デモ車」を見ていただく事で納得いただければ施工させていただきたいです。塩カルの付着は長野県では避けられないものですが、弊社のボディーコーティングを施工して頂ければ強めの水流で流すだけで完全ではありませんが、かなり綺麗になりますので是非一度ご検討下さい。

今月の末までにご予約いただければ「半額」にて施工させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ボディーコーティングデモ車出来ました

新年になり弊社が施工しているボディーコーティング「ウルトラケア」も徐々に注文をいただき、ご紹介で新しいお客様につながって行くのがとても嬉しく、毎回頑張って施工しています。寒い時頑張って仕上げてお客様に渡すときに「キレイになった」と言っていただけると苦労も吹き飛びます。お客さまの笑顔が私の活力になります。

今回のご紹介は私が気合を入れて施工した「ボディーコーティングデモ車」になります。
この「コーティング号」は弊社で眠っていた車を磨き上げたものになり正直な所、愛着が沸いています!
最近デモに伺わせていただく時はこの車で出向いています。見かけましたらお声がけください(笑)
近々この「コーティング号」をイメージチェンジ?します。
出来たらアップしますので良ければご覧下さい。

111.png

22.png
周囲の映り込みをご確認ください

IMG_20190112_111504.jpg
磨き傷がないことを見ていただけますか?


徐々に更新していきますので良ければ見ていただいてご質問などありましたら弊社までお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


新年!ボディーガラスコーティング開始

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

本年初のガラスコーティングを実施しました。
車種は「BMW」と「Jeep」です。
お客様が購入されて日が浅いとの事でボディのガラスコーティングをどこで実施するか悩まれていた様で、そこに弊社が昨年末情報誌に載せていただいた情報をご覧になり、問い合わせを頂きました。新年初仕事なので気合を入れてコーティングさせていただきました!
天気がいまいち(曇り空)だったので輝きがわかりにくい状況でしたが、お客様には大変喜んで頂き、お知り合いの方もご紹介いただけそうだとお話をいただけたので、本当に良かったと思える初仕事になりました。
お客様に喜んでいただければ今後の仕事にも張り合いが出ますので、気合を入れてボディーコーティングを実施していきたいと思います!!

bmw.jpgのサムネール画像のサムネール画像
伝わりにくいかと思いますが磨き傷(円形の傷)は見えません。

jeep.png
景色の映り込みをご確認ください。

弊社では只今ガラスコーティングを半額にて実施しております。
新春のサービスになりますので是非この機会に弊社の「ボディーコーティング」をお試し下さい。1月31日までご予約であれば半額で施工させていただきます。

お客さまを笑顔にする為に精一杯ボディーコーティングをさせていただきます!
興味を持たれた方は是非お問い合わせください。

長野県初上陸のウルトラケア
長野県上伊那郡南箕輪村5576−14
TEL 0265-78-5080


見比べてください(ガラスコーティング)

ボディーの一部を研磨してコーティングした写真になります。
見比べて頂ければお分かりかと思いますが輝いており、鏡の様に写りこんでいます。
「ウルトラケア」ガラスーコーティングを実施すればこの輝きが出ます。

ガラスコーティング前と比べて頂いていかがでしょうか?
興味を持っていただけないでしょうか?
もしご興味があれば弊社までお問い合わせください。

ガラスコーティングも勿論ですがヘッドライト併せて研磨、コーティング出来ます。
両方ともピカピカにしてみませんか?

皆様のお問い合わせお待ちしております。

施工前.jpg施工後.jpg施工後.jpg施工後.jpg