CX-5 マツダ(MAZDA) マフラー洗浄 DPF詰まり解消 強制燃焼できない

今回はCX-5 LDA-KE2FW マツダ(MAZDA) 走行距離6万5千㎞のDPF洗浄のご依頼をいただきました。

強制燃焼をしようとしたところ、エラーコードが出てしまいすることが出来ず、DPFを取り外し、スチーム洗浄を試したが症状が改善されなかったという事で、ご依頼をいただきました。

ご依頼品を見ていきます。
2017-05-12 10 01 59.jpg
口の大きい方から内部を確認することが出来たため確認したところ、セラミックフィルターが破損していることがわかりました。お客様にも確認をとり、このまま洗浄を試してほしいとご連絡いただきました。
2017-05-12 9 33 17.jpg
2017-05-12 9 33 28.jpg
いつもの大型の物とは違いL字型の形状の為、直接ホースを本体に固定し、エアーを吹き込むことで、洗浄液による洗浄を行いました。
2017-05-12 10 05 48.jpg
この状態で、2日程洗浄を行いましたが、改善されなかった為、本体を縄で釣り上げて固定し、パイプ側からエアーを吹き込めるようにして洗浄を行いました。
2017-05-15 16 02 48.jpg
これによって、洗浄効果が得られた為、この状態で一晩洗浄致しました。

水洗いによる確認を行ったところ、格段に水の通りがよくなったため、乾燥して返却することに致しました。
2017-05-16 9 53 35.jpg
2017-05-16 9 53 50.jpg
2017-05-16 9 59 33.jpg
2017-05-16 10 02 52.jpg
洗浄完了品になります。
2017-05-16 17 20 02.jpg
2017-05-16 17 20 24.jpg
2017-05-16 17 21 23.jpg
大型車以外の車種においても洗浄可能ですので、お問い合わせ下さい。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

日野 デュトロBDG-XZU354T DPF洗浄/詰まり解消 強制燃焼を繰り返さない為に

今回は日野 デュトロBDG-XZU354T、走行距離12万㎞のDPF洗浄のご依頼を頂きました。

ご依頼品の確認をしていきます。
お客様で一度水洗いをなさったようで、ダンボールが濡れた状態で届きました。
P1040566.JPG
またセンサー部の取り外しが出来なかった部分もあり、今回はより慎重な洗浄が必要です。
P1040567.JPG
やはり水による洗浄は効果がなく、ほとんどの炭化物が残っているようです。
P1040570.JPG
P1040574.JPG
詰まり具合を確認するため、流水で通りを確認します。
2017-05-08 8 52 50.jpg
大量に水を流しますが他の穴から出てきているせいか、あまり流れ出ません。
2017-05-08 8 52 59.jpg
状態を確認したところで、洗浄液で洗浄を行います。
2017-05-08 8 57 41.jpg
溶け出た炭化物が、洗浄槽の隅に集まります。
2017-05-08 11 54 23.jpg
仕上げの水洗いになります。詰まりが改善されたかが分かります。
2017-05-08 12 00 01 (1).jpg
黒い水が透明な水に変わりました。
2017-05-08 12 00 34.jpg
2017-05-08 12 02 05.jpg
こちらの管の部分からも水をいれ丁寧に洗浄します。
2017-05-08 12 03 12.jpg
ひっくり返して反対側からも洗浄します。
2017-05-08 12 04 00 (1).jpg
乾燥した、洗浄後のご依頼品です。
2017-05-08 17 22 51.jpg
フラッシュで撮影を行うと内部のフィルターまで確認できるようになりました。
2017-05-08 17 21 43.jpg
2017-05-08 17 22 23.jpg
こちらのお客様は神奈川県からのご依頼でしたので、送料1,512円がかかりました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!


ボンゴDPF洗浄(BONGO TRUCK)SKF2T マツダ(MAZDA)詰まり解消 オイルアッシュを確認

今回は ボンゴトラック(BONGO TRUCK)SKF2T マツダ(MAZDA) 走行距離16万5千㎞のDPF洗浄を行いました。

早速、ご依頼のボンゴDPFを確認していきたいと思います。
2017-04-12 16 17 47.jpg
こちら側はフィルターが黒く、目詰りしております。
2017-04-12 16 17 22.jpg
反対側は一見キレイには見えますが、実際に水を通してみないとわからないものです。
2017-04-12 16 18 08.jpg
それでは詰まり具合を確認しながら、流水にて洗浄を行います。
2017-04-12 16 19 50.jpg
相当な量の水を流し込んでいますが、あまり通りがよくないのが確認できます。
2017-04-12 16 19 57.jpg
DPF洗浄液に浸し、下からエアーを吹き込みます。このように、添え木をして倒れないように慎重に行っています。
2017-04-12 17 53 27.jpg
ドロドロに溶けた炭化物が上に上がってきました。
2017-04-12 17 53 36.jpg
今度は反転し、同じようにDPFの洗浄を行います。
2017-04-12 18 41 08.jpg
詰まりが解消されたかの確認を含め、DPFの内部洗浄の為水洗いをします。
2017-04-13 9 58 16.jpg
2017-04-13 9 58 25.jpg
オレンジ色に見えるものは、オイルアッシュと呼ばれる触媒内の詰まりの原因となる物質です。こちらも炭化物などと一緒に落とすことが出来ます。
2017-04-13 9 58 38.jpg
今回は一度の洗浄では落ち切らなかった為、もう一度洗浄を行いました。
ご依頼品の状態によっては、今回のように洗浄回数が増える場合もあります。
2017-04-13 10 21 31.jpg
2017-04-14 11 56 46.jpg
こちらが洗浄完了品となります。
2017-04-14 11 59 13.jpg
ようやく内部のフィルターまで撮影できるようになりました。
2017-04-14 12 02 15.jpg
2017-04-14 11 59 30.jpg
今回のボンゴDPFのご依頼を頂きましたお客様は、高知県からになり、片道送料は1,780円かかりました。
遠方のお客様でも洗浄させて頂いております。お気軽にご相談ください。

ボンゴ、バネットはDPF詰まり相談がとても多い車種となっております。
構造上、ボンゴDPFの場合、1日以上洗浄に時間を要する場合がございますがご容赦下さい。

今すぐ、ボンゴDPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

ボンゴDPF洗浄のご依頼までの流れ

トヨエース(TOYOACE)XZU308 トヨタ(TOYOTA) DPF洗浄 詰まり解消 燃焼性強制再生を繰り返さない

今回は トヨエース(TOYOACE)XZU308 トヨタ(TOYOTA) のDPF洗浄をさせていただきました。

ご依頼品です。センサー部を取り外した状態で発送していただきました。
2017-04-10 10 36 24.jpg
奥に向かうにつれて炭化物が増えていくので、フラッシュをたいても真っ黒に見えました。
2017-04-10 10 54 37.jpg
こちら側も相当炭化物がこびりついているのが分かります。
2017-04-10 10 57 41.jpg
パイプ部分があり、直接詰まりを確認することができない為、流水で確認しました。
それなりに水は通るようです。
2017-04-10 15 19 55.jpg
洗浄槽に入れ、したからエアーを吹き込みます。泡と一緒になって炭化物が溶け出しました。
2017-04-10 18 00 23.jpg
泡そのものも黒い為、はっきりと汚れていたことがわかりました。
2017-04-10 18 03 59.jpg
洗浄槽内には浮き出た炭化物が隅に集まっていました。
2017-04-10 21 52 25.jpg
洗浄後は中に残った浮き出た炭化物を洗い流す為、水洗いをします。これと同時に、詰まりがないのか最終的な確認にもつながります。
2017-04-10 22 07 05.jpg
最終的にほとんど水がそのまま流れ出るほどまで改善されたのが分かります。
2017-04-10 22 20 40.jpg
一晩乾燥させたら洗浄完了となりました。
2017-04-12 13 29 50.jpg
炭化物が溶け落ちたことで、内部まで確認できるようになりました。
2017-04-12 13 30 39.jpg
2017-04-12 13 32 00.jpg
こちらのお客様は熊本県からのご依頼でしたので、3,888円の送料がかかりました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

ダイナPB-XZU423(DYNA) トヨタ(TOYOTA) DPF詰まり解消・洗浄

今回は、ダイナPB-XZU423(DYNA)トヨタ(TOYOTA)、走行距離20万㎞以下のDPF洗浄を行いました。
センサー類を取り外した状態で発送いただきました。
P1040528.JPG
P1040531.JPG
P1040535.JPG
水で詰まりを確認いたしましたが、それなりに水は通るようです。
P1040536.JPG
洗浄液に付けエアーを吹き込みます。
2017-04-10 9 58 58.jpg
泡によって溶け出た炭化物などが浮き上がります。
2017-04-10 10 00 35.jpg
あふれ出るように炭化物が飛び出ているのが分かります。
2017-04-10 10 33 40.jpg
その後内部残った汚れを洗い流すため、水で洗い流します。
2017-04-10 22 25 42.jpg
最初こそ真っ黒な水が流れ出ますが、徐々に薄くなっていきます。
2017-04-10 22 25 52.jpg
2017-04-10 22 26 01.jpg
2017-04-10 22 26 07.jpg
透明な水が流れ出るまで入念に洗浄していきました。
2017-04-11 17 42 30.jpg
洗浄完了となります。よく乾燥させてから返却させていただきました。
2017-04-11 17 40 11.jpg
2017-04-11 17 41 21.jpg
2017-04-11 17 42 36.jpg

今回は福岡県のお客様でしたので、送料が2,916円でした。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

プロフィア(PROFIA) 日野(HINO) DPF詰まり 解消/洗浄 


今回は、以前にも当社にてDPF洗浄をご依頼いただき、
洗浄効果を実感されたリピーターのお客様からのご依頼です。

ご依頼品はプロフィア(PROFIA)日野(HINO)のDPFです。
触媒部分のみを発送していただきましたので、より洗浄効果を体感できます。
2017-04-07 12.16.25.jpg
表面は固まった炭化物などによって、詰まりが生じています。
2017-04-07 12.16.37.jpg
2017-04-07 12.16.44.jpg
反対側も見ていきます。
2017-04-07 12.17.24.jpg
拡大して見ますとフィルターの目に炭化物こびりついているのがよく見えます。
2017-04-07 12.17.37.jpg
特殊洗浄液にて洗浄を行う前に、水洗いをしながら内部の詰まりを確認していきます。
2017-04-07 12.20.09.jpg
2017-04-07 12.21.23.jpg
触媒部分のみですので、比較的水は流れ出てきますが、やはり真っ黒な水が流れ出ます。
2017-04-07 12.21.29.jpg

洗浄液をはった洗浄槽にDPFを浸し、エアーを吹き込むことで、
溶けでた炭化物がエアーと共に吹き出ます。
2017-04-07 12.27.33.jpg
2017-04-07 12.27.53.jpg
2017-04-07 12.30.04.jpg
ボコボコと大量の炭化物を吹き出しました。
2017-04-07 12.30.12.jpg
2017-04-07 12.38.31.jpg
この後は水洗いにて、溶け出た炭化物を洗い流し、
よく乾かしてからお客様に返送致しました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!


送迎用コースター(COASTER) トヨタ(TOYOTA) DPF洗浄/詰まり解消 

今回は送迎用のお車としてご利用されていた、コースター(COASTER)トヨタ(TOYOTA)のDPF洗浄をご依頼いただきました。

まずはご依頼品です。
2017-04-01 12 37 52.jpg
入り口には凝固した炭化物の塊がはっきりとこびりついています。
2017-04-01 12 38 14.jpg
2017-04-01 12 41 03.jpg
最初に流水の抜け具合を見ることで、内部のつまりの状態を確認していきます。
2017-04-01 12 55 47.jpg
今回はあまり問題なく水が通り抜けているようです。
2017-04-01 12 56 12.jpg
洗浄液をはった洗浄槽にDPF本体を浸し、エアーによって浮き出た炭化物を内部から吐き出します。
2017-04-01 13 09 50.jpg
勢いよく黒なった泡が飛び出ました。
2017-04-01 13 10 05.jpg
洗浄槽には先程吐き出された炭化物が浮かび上がりました。
2017-04-01 13 10 46.jpg
仕上げに流水で内部から汚れや詰まりの原因であった、炭化物、オイルアッシュ等を洗い流します。
P1040391.JPG
P1040392.JPG
オレンジ色に見えるものがオイルアッシュです。
P1040398.JPG
透明な水が通り抜けるまで洗浄しました。
P1040397.JPG
乾燥させたら、洗浄完了となります。
2017-04-03 12 06 52.jpg
こちらからでも目視にてフィルターを確認できるようになりました。
2017-04-03 12 07 28.jpg
2017-04-03 12 08 09.jpg
こちらのお客様は群馬県からのご依頼でしたので、送料が1,512円でした。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

プロフィア(PROFIA) ADG-FS1EKXA 日野(HINO) DPF洗浄 触媒部のみ

今回は、プロフィア(PROFIA) ADG-FS1EKXA 日野(HINO)、走行距離15万㎞のDPF洗浄をご依頼いただきました。
ご依頼いただいた、DPFです。センサー部が付いていましたが、お客様から、取り外して
洗浄してくださいとのご連絡がありました。
P1040404.JPG
炭化物が固まった物は黒く見えます。
P1040408.JPG
こちらはオイルアッシュでしょうか、茶色くなっています。
P1040411.JPG
水洗いをして詰まりを確かめると、黒い水が流れ出ました。
P1040413.JPG
P1040414.JPG
エアーを吹き込みながら、洗浄液につけていきます。
P1040417.JPG
炭化物がエアーと一緒に吹き出てきました。
P1040423.JPG
今回はオイルアッシュも多く出てきたため、洗浄液が茶色く変色しました。
P1040437.JPG
仕上げの水洗いです。
P1040440.JPG
こうして中に残っている汚れを洗い流していきます。
P1040442.JPG
茶色い物は水洗いと共に流れ出たオイルアッシュになります。
P1040449.JPG
透明になるまで洗い流して終了です。
P1040450.JPG
洗浄完了品です。
P1040454.JPG
P1040456.JPG
このお客様は群馬県でしたので、送料1,512円で返送致しました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!


キャンター(CANTER) ミツビシ(FUSO) DPF洗浄 リピーター続出

ご依頼頂きましてありがとうございます。

今回、ご依頼を頂いたお客様は
数回に渡り当社のDPF洗浄で効果を実証してご満足を頂いたリピーター様です。

ご依頼品(キャンターDPF)
0403canter01.jpg

0403canter02.jpg


洗浄前に水洗いをしながらマフラー内の詰まり具合を確認していきます。
0403canter03.jpg

特殊洗浄液を使い洗浄を行っています。
洗浄を始めると炭化物が浮き出てきます。
0403canter04.jpg

洗浄後は綺麗に水洗いをしていきます。
アッシュ等を含む炭化物が大量に流れ出てきました。
0403canter05.jpg

このような洗浄を数回繰り返しマフラー内を綺麗にしていきます。
洗浄回数はDPFにより異なりますが
一度洗浄するだけでも蓄積された炭化物が大量に剥がれ出し、綺麗になっています。
0403canter06.jpg

当店のDPF洗浄では、従来のスチームブローやエアブローでは除去できなかった炭化物を除去できます。

遠方のお客様でもDPFマフラーを当社まで送付して頂ければ、洗浄をさせて頂きます。

今回のDPFの送料は 兵庫県ですと 1,685円 (片道)となります。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

エアロエース(AERO ACE)U-MS821P三菱ふそう(FUSO) バス DPF詰まり/洗浄

DPFマフラー洗浄のご依頼を頂きましてありがとうございます。

今回、ご依頼を頂いた車両は48人乗りの大型バスです。
全長1600mmのDPFマフラーです。
お客様より排気ガスが黒煙から青煙にかわり、駐車中はマフラー内が詰まっている感じの匂いが漂い、高温注意・チェックランプ点灯等の症状と伺いました。
DPFの洗浄は過去に一度もしていないとの事です。
ご依頼品
0329_001.jpg

0329_02.jpg

洗浄前に水を通し詰まりの状態を確認をし、特殊洗浄液で洗浄開始です。
0329_003.jpg

しばらく洗浄していると粒子状物質・炭化物が浮き出てきました。
0329_004.jpg

今回はマフラーの全長があるため片面洗浄後に水洗いをします。
綺麗になるまで1時間以上水洗いをしました。
0329_005.jpg

一晩かけて反対側を洗浄いたします。
0329_006.jpg

翌日、再度洗浄を繰り返していきます。
0329_007.jpg

数回の洗浄を終えて最終の水洗いです。
0329_008.jpg

マフラー内部のフィルターに付着している、アッシュ・カーボンを含む炭化物が多い場合は、3回以上の洗浄を行います。
洗浄を繰り返し、マフラー内を綺麗にしていきます。

当店のDPF洗浄では強制燃焼・強制再生を何度も繰り返し、再生頻度が短くなってしまう症状を改善し、DPF交換をされなくても再生頻度を長くする事が可能になります。


お問い合わせ頂けましたら、概算でお見積もりをさせて頂きます。

今すぐ、DPF・DPD・DPRマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!