マツダ ボンゴ DPFフィルター詰まり・DPF再生間隔を長くする方法

DPFマフラー洗浄のご依頼を頂きましてありがとうございます。

今回のご依頼はマツダ ボンゴ ディーゼルターボの車両です。
DPFフィルターの目詰まりによるDPFランプ点滅、点灯による不具合。DPF再生間隔が多くなる前に洗浄をオススメをします。

ご依頼を頂いたDPFマフラー
0228_bongo01.jpg

洗浄前
0228_bongo02.jpg

洗浄前に水を通してマフラーの状態をチェックします。
0228_bongo04.jpg

水が全く通り抜けることがなく横から流れてきました。
0228_bongo03.jpg

洗浄
当店の特殊洗浄溶液にて洗浄をしていきます。
0228_bongo05.jpg

洗浄後は綺麗に水洗いをします。
中から炭化物が流れてきました。
0228_bongo06.jpg

綺麗に水洗いをした後は再度、洗浄をしていきます。
2回目の洗浄ではエアーの通りがよくなっています。
0228_bongo07.jpg

2回目の水洗い。
炭化物以外の物質も流れ出てきました。
0228_bongo08.jpg

反対側から水を通すと逆流を始めましたが、丁寧に水洗いをすることによって通りが良くなりました。
0228_bongo09.jpg


詰まりの症状が改善されない場合、経験と実績のあるスタッフがこのような洗浄を数回繰り返して行います。

当社の洗浄は、車検時に行われる通常スチーム洗浄やエアブローでは取れないマフラーのアッシュを含む炭化物を落とすことが出来ます。
修理や交換等のコストの削減、燃費向上、車両の延命にも繋がります。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

レンジャー(RANGER) 4トン 日野(HINO) DPRマフラー洗浄・詰まり解消

当店のDPR洗浄にご依頼頂きありがとうございます。
チェックランプがつくと強制再生を何度も繰り返し、再生頻度が早くなってしまいます。
当店ではそのような症状を改善し、DPR交換をされなくても再生頻度を長くする事が可能になります。

ご依頼頂いた車両は レンジャー(RANGER)4トン 型式 FD8JLF 日野(HINO) です。
ご依頼頂いたマフラーです。
0330_001.jpg

マフラー内部の炭化物は視覚的に判断することができません。
当店のスタッフは経験と技術力でお客様から届いたマフラーを丁寧に洗浄させて頂いております。
0330_002.jpg

0330_003.jpg

洗浄前の水洗い
マフラー内部の詰まり状態を確認しながら、流水にて水洗いをしていきます。
0330_004.jpg

当店の特殊洗浄液を使い洗浄を行っていきます。
0330_005.jpg

マフラー内部の炭化物をエアーを使い泡と一緒に浮き出していきます。
0330_006.jpg

一度、洗浄したマフラーは綺麗に水洗いをしていきます。
0330_007.jpg

0330_08.jpg

このような洗浄を数回繰り返してマフラー内を綺麗にしていきます。
当店の洗浄液に1時間ほど浸けるだけでも炭化物が柔らかくなり、へばりついていたアッシュを含む炭化物が浮き上がります。

洗浄後
0330_009.jpg

0330_010.jpg

従来のスチームブローやエアブローでは除去できなかった炭化物を綺麗に除去できます。
お客様が抱えている強制再生のご負担を少しでも軽減できるように洗浄をさせて頂いております。

今回の送料DPFの送料は新潟県ですと 3,280円(片道)となります。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

DPF・DPR詰まり 【UD】 マフラー洗浄 

ご依頼頂きありがとうございます。
当社の洗浄は、車検時に行われる通常スチーム洗浄やエアブローでは取れないマフラー内部に付着しているアッシュを含む炭化物を落とすことができます。
修理や交換等のコストの削減、車両の延命にも繋がります。

たくさんのお客様からご支持を頂き、続々ときれいに洗浄をされていくDPFマフラー。
今回届いたDPFマフラーはこちらになります。
0323_001.jpg

中央部分が溶けています。
0323_000.png

早速、マフラー内部の状態を水を通して確認をしていきます。
0323_002.jpg

流水でマフラー内部の状態を確認しながら水洗いをした後は、当店の特殊洗剤液での洗浄です。
エアーを入れることにより内部から炭化物が大量に出てきました。
0323_003.jpg

洗浄後は流水で綺麗に洗い流していきます。
0323_004.jpg


綺麗に洗い流した後は再度、洗浄をしていきます。
数回に渡り、洗浄・水洗いを繰り返しマフラー内部にある炭化物を剥がしていきます。
洗浄後は綺麗に乾かし、お客様の元へと発送させて頂きました。

0323_005.jpg

マフラーの症状により洗浄にかかるお時間や日数が異なりますが、
当店ではお客様が抱えている強制再生のご負担を少しでも軽減できるように洗浄をさせて頂いております。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

キャンター(CANTER)TPG-FBA00 三菱(FUSO) DPF洗浄/詰まり解消

今回はキャンター(CANTER)TPG-FBA00 三菱(FUSO) のDPF洗浄をさせていただきました。

洗浄前の状態です。
P1040207.JPG
こちらの面は炭化物によって目詰まりしていることが目視でも確認できます。
P1040211.JPG
P1040218.JPG
水洗いによって詰まり具合を確認します。
P1040220.JPG
水は通るようですが、炭化物も一緒になって流れ出ます。
P1040221.JPG
洗浄液に浸し、炭化物を溶かしだします。
P1040236.JPG
エアーを流し込んでいるため、浮き上がってきます。
P1040254.JPG
こちらのDPFは両面から洗浄できるため、ひっくり返してもう一度洗浄しました。
P1040260.JPG
仕上げの水洗いをして、乾燥させたものがこちらになります。
TPG-FBA00 -1.jpg
TPG-FBA00 -2.jpg
TPG-FBA00 -4.jpg
詰まっていた炭化物が落ち、詰まりが解消されました。
TPG-FBA00-6.jpg
TPG-FBA00 -8.jpg
こちらのお客様は、大阪からのご依頼でしたので、1,620円の送料がかかりました。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

DPFマフラー キャンター(CANTER) ミツビシ(FUSO) リピーター続出 洗浄

今回、ご依頼を頂いたお客様は
以前、DPFマフラーの詰まりの車両にお困りになり、洗浄をさせて頂きましたお客様から再度、DPF洗浄のご依頼を頂きました。
前回の洗浄にて、その効果を実証してご満足頂いたリピーター様です。
ご依頼頂きありがとうございます。

今回の洗浄は キャンター(CANTER) ミツビシ(FUSO)です。
0314canter_01.jpg

届いたDPFマフラーです。
0314canter_02.jpg

0314canter_03.jpg

当店の経験と実績のあるスタッフが、
流水にてマフラー内の詰まり状態を確認していきます。
凝縮された炭化物が大量に出てきました。
0314canter_04.jpg

反対側から水を流すと逆流を始めました。
0314canter_05.jpg

炭化物以外にも物質が出てきました。
0314canter_06.jpg

洗浄を始めるとエアーがへばりついた炭化物浮き上がらせます。
0314canter_07.jpg

1時間以上をかけて洗浄液で洗浄した後は綺麗に水洗いです。
0314canter_08.jpg

水洗い後は繰り返し洗浄と水洗いをします。
今回の洗浄回数は3回です。
マフラーによっては4回以上洗浄する場合もございます。

マフラーの症状により洗浄にかかるお時間、日数がことなりますが
当店ではお客様が抱えている強制再生のご負担を少しでも軽減出来るように洗浄をさせて頂いております。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

UDコンドル(CONDOR) 日産(NISSAN) DPF触媒部 洗浄

今回は、UDコンドル(CONDOR) 日産(NISSAN) PB-MK37 走行距離2万3000㎞のDPF洗浄を行いました。
お客様で高圧洗浄をしたところ、水が通らない状態だったというご依頼でした。
触媒部分のみが当社に届きました。
IMG_2033.JPG
IMG_2034.JPG
IMG_2036.JPG
水で洗い流しましたが、全く水が抜けてきませんでした。
その後洗浄槽に付けエアーを吹き込みましたが、全くエアーが抜けてきませんでした。
IMG_2039.JPG
その為、一度洗浄槽内の点検を行い再度洗浄を行いました。
IMG_2043.JPG
エアーの抜ける量、スピードが改善されましたが、1.5ヶ月ほど洗浄を繰り返しました。
IMG_2045.JPG
IMG_2059.JPG
洗浄にかなりの時間を費やしましたが、当社ではDPFキレイになるまで、繰り返し洗浄させていただきます。
IMG_0013.JPG

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

DPF再生・触媒詰まり 三菱キャンター DPF洗浄

当店にご依頼頂きありがとうございます。
DPFの詰まりで困られている車両の洗浄のご依頼をいただきました。
マフラー交換費用が大幅に削減になる当店のDPF洗浄をご紹介させて頂きます。

今回のDPF触媒は三菱・キャンターです。
お客様からご依頼頂いたマフラーは当店に到着しましたら、直ぐに洗浄をさせて頂いております。
0306canter01.jpg

早速、梱包されたマフラーを出してみましょう。
0306canter02.jpg

当店では経験と実績があるスタッフが洗浄を行っています。
0306canter03.jpg

それでは、マフラー内を水を流しながら詰まり具合を確認していきます。
0306canter04.jpg

確認が終わり、次は当店特殊、DPF洗浄溶液に浸けます。
しばらく浸けているだけで、内部の炭化物が剥がれてきています。
0306canter05.jpg

この状態から時間をかけて洗浄をしていきます。
0306canter06.jpg

0306canter07.jpg

泡の中にある黒いものは浮き出てきた炭化物です。
0306canter08.jpg

0306canter09.jpg

洗浄後、一度水洗いをします。
内部の炭化物がきれいになるように丁寧に洗っていきます。
0306canter10.jpg

水洗い後、再度洗浄をしていきます。
詰まりが解消されるとマフラー内部からエアーがたくさん出てくるようになりました。
0306canter11.jpg

再度、水洗いを丁寧に行います。
炭化物以外に水と一緒に物質が流れ出てきました。
0306canter12.jpg

綺麗に水洗いをして洗浄の終了です。
0306canter13.jpg

マフラーによっては、3度、4度と洗浄をさせて頂く場合がございます。

今すぐ、DPF洗浄マフラーをお問い合わせしたい方はコチラから!

今回のDPFの送料は兵庫県で 1,685円(片道)となります。

トヨタ・ダイナ エンジンチェックランプ点灯にて DPF洗浄

当店のDPF洗浄にご依頼頂きありがとうございます。

ご依頼頂いたのは、
エンジンチェックランプが点灯、アクセルの吹上が悪いという症状の車両です。
チェックランプがつくと強制再生を何度も繰り返し、再生頻度が短くなってしまいます。

当店のDPF洗浄ではそのような症状を改善し、DPF交換をされなくても再生頻度を長くする事が可能になります。

ご依頼品
0301dyna_01.jpg

洗浄前
マフラー内の炭化物は見た目では全く判断できません。
当店のスタッフは経験と技術力でお客様から届いたマフラーを丁寧に洗浄させて頂いてます。
0301dyna_02.jpg

0301dyna_03.jpg

洗浄前の水洗い
マフラー内の詰まり具合を確認しながら流水にて洗い流します。
0301dyna_04.jpg

洗浄
特殊洗浄液を使い洗浄を行います。
マフラー内の炭化物を剥がして泡と一緒に浮き出てきます。
0301dyna_05.jpg

泡全体が黒くなり、その中に剝がれてきた炭化物が出てきます。
一回の洗浄でかなりのアッシュも浮き出てきました。
0301dyna_06.jpg

洗浄後、水洗い
洗浄後はきれいに水洗いをします。
先ほど洗浄で溶けてきた炭化物を一度水洗いをします。
0301dyna_07.jpg

このような洗浄を数回繰り返して、マフラー内をきれいにしていきます。
洗浄液に1時間浸けるだけでも炭化物が柔らかくなり、へばりついていた炭化物が浮き上がります。

洗浄後
0301dyna_08.jpg

0301dyna_09.jpg

洗浄後は内部がきれいになったので重さも軽くなっています。
従来スチームブローやエアブローでは除去できなかった炭化物を除去できます。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼までの流れはコチラから!

遠方のお客様でも対応させていただきます。
今回のDPFの送料は兵庫県ですと 2,052円(片道)となります。

【三菱】キャンター DPF詰まり改善 DPF洗浄

ご依頼頂きありがとうございます。

今回のお客様は、一度当店へDPF洗浄をご依頼頂いたリピーターのお客様です。
前回の洗浄にてマフラーの症状改善ができ、2度目のご依頼となります。

お客様から届いたDPFマフラー
0303canter01.jpg

洗浄前
0303canter02.jpg

0303canter03.jpg

洗浄前にマフラー内に水を流し、水の通り抜ける状態で炭化物の蓄積状態を確認します。
交互に両方から水を流してみると、排水される水量が少なく、汚れの症状がよくわかります。
0303canter04.jpg


症状が確認出来たところで、洗浄をしていきます。
洗浄開始後、ブクブクとエアーが抜け出し、直ぐに洗浄液が黒くなり始めました。
0303canter05.jpg

2時間後に反対側も洗浄します。
時間が経過するにつれてエアーの抜けが良くなってきます。
0303canter06.jpg

洗浄後に水洗いを行います。
黒い炭化物とサビのようなものが浮き出てきました。
0303canter07.jpg

二度目の洗浄
0303canter08.jpg

二度目の洗浄後、綺麗になるまで水洗いをします。
0303canter09.jpg

洗浄完了です。
内部の水分を綺麗に乾かし、お客様の元へ発送です。
0303canter10.jpg

今回は埼玉県からのご依頼でした。
送料は1,400円(片道)になります。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!

【三菱】キャンター FEB50 DPFマフラー洗浄

ご依頼頂きありがとうございます。

今回のご依頼は兵庫県からのご依頼です。

走行距離 23万キロ の ミツビシキャンター TKG-FEB50

ご依頼頂いたお客様のマフラーの症状は、
チェックランプの点灯で、三菱ディーラーにて診断してもらった結果、DPFマフラーの汚れ、詰まりがひどく、DPF交換が必要とのことでした。

インターネットにて当社を見つけて頂き、ご依頼頂きました。

お客様から届いたマフラー
0228canter01.jpg

洗浄前
0228canter02.jpg

0228canter03.jpg

洗浄前にマフラー内部に水を流して症状を確認します。
汚れが水と共に流れてきました。
0228canter04.jpg


洗浄を開始した直後からプツプツと音を立てながらエアーが抜けてきました。
0228canter05.jpg

反対側も同様に音を立てながらエアーが抜けて、
10分程すると泡と共に炭化物が出てきました。
0228canter06.jpg

洗浄後は水洗いをして、両側から流水で綺麗になるまで洗浄します。
0228canter07.jpg

0228canter08.jpg

この作業を繰り返して行います。
綺麗に洗浄されたマフラーです。
0228canter09.jpg


遠方のお客様でもDPFマフラーを当社まで送付して頂ければ、洗浄を致します。

今回のDPFの送料は兵庫県 ですと 1,700円(片道)となります。

お問い合わせ頂けましたら、洗浄価格を概算にてお伝えいたします。

今すぐ、DPFマフラー洗浄をお問合せしたい方はコチラから!

DPF洗浄のご依頼の流れはコチラから!